藤原紀香「真っ赤なスパッツで大胆始球式」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

藤原紀香「真っ赤なスパッツで大胆始球式」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
3月上旬、東京・銀座の歌舞伎座前で関係者に挨拶して回る紀香。この日は愛之助の『三月大歌舞伎』初日だった

女優の藤原紀香が自身のインスタグラムアカウントに「スパッツ始球式」の写真を投稿し、話題になっている。「紀香姐さんスタイルいい」「カッコいいーーー!」「紀香さんの元気いただきましたよ」「なにをしても紀香さんは素敵です!」などと藤原を称賛するコメントが殺到した。

藤原が投稿したのは、2016年シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス開幕戦で、対福岡ソフトバンクホークス戦の始球式の様子と思われる。

写真は計2枚。1枚目は、藤原が満面の笑みでグラウンドを走っている様子だ。左手にはグローブをはめ、網(ウェブ)にはイーグルスのマスコット「クラッチ」が描かれている。そして2枚目は始球式で投球モーションに入っている写真だ。左手のグラーブをキャッチャーの方向に向け、右手は白球を力強く握っている。キャッチャーミットを睨みつける真剣な表情がとても印象的である。

そしてファンが注目したのは藤原の服装。上は誕生日と同じ背番号「628」のユニフォーム姿で、下は燃え上がるような真っ赤なスパッツ。当時の報道によれば、藤原の投球はホームプレートを通過してからショートバウンドでキャッチャーミットに収まった。

藤原は同時に、インスタのストーリーで始球式の練習動画もあげている。ダイナミックに振りかぶり、思い切りよく投げている。とくに「タメ」の動作は全盛期の斎藤佑樹を彷彿させる。体を縮こませ、上げた左ももでグローブを隠すようなスタイルだ。

イーグルスといえば、斎藤佑樹の甲子園時代のライバル田中将大投手がいるチーム。始球式当時はメジャーリーグのニューヨークヤンキースに田中は所属していたが、この動作で両者が投げ合った伝説の甲子園決勝「早稲田実業対駒大苫小牧」戦が脳裏によぎった人もいたのではないか。

さて今回の投稿だが、6月26日の楽天対ソフトバンク戦での東日本大震災の復興支援イベントで、チャリティーショーを行うことが決定し、それをうけてのものだった。またいつか、その豪快な投球フォームを見せてほしいものだ!

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事