亀田史郎氏「31人のユーチューバー大宴会」完全擁護で批判の嵐 | FRIDAYデジタル

亀田史郎氏「31人のユーチューバー大宴会」完全擁護で批判の嵐

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
亀田氏が自身のYouTubeチャンネルで人気YouTuberのパーティーについて言及。理屈は通っているかもしれないが…(写真:アフロスポーツ)

「立ちションって男しかわからんけどごっつ気持ちええんよ。パパでもするよ立ちションは」

ボクシングの亀田3兄弟の父・亀田史郎氏が6月27日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。緊急事態宣言下で人気ユーチューバー31人がパーティをして大問題になった件を徹底擁護する見解を示し批判が殺到している。

きっかけは文春オンラインが報じた、「水溜りボンド、あやなん、コムドット…超人気YouTuber31名が緊急事態宣言下に“自粛破りの大パーティ”「深夜3時まで泥酔カラオケ」《スクープ撮》」という記事だ。

この日はあやなんの誕生日パーティで、お祝いに人気ユーチューバーが集結。全メンバーのチャンネル登録者を合わせると約2226万人におよぶという。

それほど影響力があり、企業などのスポンサーも多いメンバーがコロナ禍に泥酔パーティ、路上喫煙、立ち小便などをしていたため世間でも大問題となり、ユーチューバーや、所属事務所も謝罪に追い込まれたのだ。

史郎氏はワンショットでカメラの前でトークし、聞き手は娘の姫月さんと見られ会話する形式で動画を撮影。人気ユーチューバーと面識があるのかは定かではないが、この報道に対する世間のバッシングに対し異論を唱えた。

「別に何が悪いのって俺は思う。何時でもええやん、別に。貸し切りにして、友達とメンバーで飲み会してたんやろ?」

「結局粗探しやんか、やっかみやで。『もうちょっと我慢できんかったんか?』じゃなくて、考えたなかで貸切ったわけやんか」

と貸し切りにすれば問題はないと持論を展開。

さらに路上喫煙については

「ポイ捨てなんかむちゃくちゃあるで。喫煙所もないし、店に行っても吸えんしやな。そしたら、国が100メートル間隔で昔の公衆電話みたいにタバコを吸うスペースを置いてやったらええんや」

そして中でも驚かされたのは立ち小便についてだ。

「立ちションって男しかわからんけど気持ちええんよ。ごっつい気持ちええんよ。パパでもするよ立ちションは」

と、史郎氏はさすがに街中ではしないが、山などから下りてきたときはやむを得ず“大も小”もすることはあるようで、飲酒で我慢ができなくなったユーチューバーに対しても理解を示した。

「ユーチューバーらも謝罪したり、活動自粛したりして世間的に鎮火しそうになっているのに、なぜこれほどまで擁護して火に油を注ぐのか理解できませんね。普段は高評価の多い亀田氏の動画ですが、今回は圧倒的に低評価が上回っており得策だったとは思えません。とすれば思惑がはずれたのか、もしくは本気でユーチューバーの行動を悪くないと思っているのか…」(スポーツ紙記者)

動画のコメント欄でも、昔ボクシングの試合でセコンドについていた際に反則を煽っていたことまで蒸し返され、大バッシングとなっている。しかしまあ、擁護した人まで批判の嵐にさらされるのだから、今回の31人飲み会に世間がどれだけ冷たい目を向けているかがわかる、ということか…。

  • 写真アフロスポーツ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事