妖精シャラポワ「黒の超ミニワンピ&短パン姿」に世界が歓喜…! | FRIDAYデジタル

妖精シャラポワ「黒の超ミニワンピ&短パン姿」に世界が歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
09年9月に来日したさいのシャラポワ(画像:Splash/アフロ)

「短パンは、はいたほうがイイ? はかないほうがイイ?」

そんな質問をフォロワーに投げかけ、黒いワンピースに短パンをはいた写真を公開したのはテニスの元女王、マリア・シャラポワ(34)だ。日本時間7月3日に自身のインタスタグラムを更新。「妖精」と呼ばれた女性の私服姿に、10万を超える「いいね!」がつき「ゴージャズな脚!」「最高!」とのコメントが寄せられたーー。

シャラポワは今年2月のバレンタインの日には、自身のインスタにピンクの水着姿を公開。抜群のプロポーションは、昨年2月に現役引退してからも変わりない。

「シャラポワは昨年12月に、結婚を発表しています。お相手は英国人実業家のアレクサンダー・ギルケスさんです。英国一の名門イートン・カレッジ出身で、ウィリアム王子や弟のヘンリー王子の友人として知られています。11年に、オンラインオークションハウス『Paddle 8』を米国で共同設立。有数の資産家として世界的に注目される存在です。

シャラポワとは18年から交際していました。彼女はインスタに『最初に会った日からイエスと言った。これは私たちのささやかな秘密だったのよね』とコメント。ギルケスさんに、後ろからハグされる画像も投稿しています」(スポーツ紙記者)

今後の野望は球団経営!?

今後シャラポワは、夫とともに本格的に実業界へ進出すると言われる。ギルケス氏は最近、新たに「Squared Circles」という会社を共同設立。相談役には、シャラポワの名前があるのだ。シャラポワ自身も、以前からビジネスの世界で敏腕ぶりを見せていた。

「現役時代から、ティファニー、ナイキ、ポルシェなど世界の名だたる企業とビジネス契約を結んできましたからね。12年には、スイーツブランド『シュガポワ』を創設。年商は21億円を超えていました」(同前)

大学での授業や現場体験を通じ、シャラポワが興味を抱いたのが球団経営だという。近しい人たちには、こう話していると言われる。

「将来は自分でスポーツチームを運営してみたい」

アグレッシブなプレーと、現役後も衰えない姿でファンを魅了してきたシャラポワ。インスタに注目される写真をアップしているのも、定期的に話題を提供するという戦略なのかもしれない。

  • 写真Splash/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事