坂本昌行が思い描く「V6再結集と結婚の行方」 | FRIDAYデジタル
スクープ

坂本昌行が思い描く「V6再結集と結婚の行方」

【注目芸能人「それぞれの緊急事態」】『V6』11月に解散

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

昼下がりの都内の閑静な住宅街。芸能人が多く住む高級マンションからTシャツにハーフパンツというラフな服装の男性が姿を現した。『V6』リーダーの坂本昌行(49)である。溺愛しているマルチーズとチンのミックスである愛犬の「ペチョ」を連れている。

飼い犬の「ペチョ」と散歩する坂本

坂本はメガネとマスクで顔こそ隠してはいるものの、周囲を気にする様子はない。リラックスした表情で30分ほどかけて近所をゆっくり一回りすると、再び自宅マンションへと戻って行った。

今年11月1日に26年間のグループ活動に終止符を打つことを発表している『V6』。その日までついに半年を切った。

「’10年以降、坂本はミュージカル、岡田准一(40)は俳優、井ノ原快彦(45)はバラエティの司会など、メンバーはそれぞれの得意分野で活動してきました。『V6』にとって、歌やダンスなどのアイドル業が次第に重荷になっていったのです。解散に至った理由もそれが大きいと言われています。解散後は、森田剛(42)を除く5人が事務所に残り、ソロ活動を続けていくことが決まっています。グループがなくなるだけで、特に何が変わるわけではない。坂本は数々のミュージカルで主演を務めてきました。今後はそこにより一層、本腰を入れていく。レギュラー番組以外のテレビ出演は減っていくと思います」(スポーツ紙芸能デスク)

ファンが気になるのはメンバーが再結集する可能性だ。

「バラエティ番組などでメンバーが一堂に会する可能性は非常に高いです。喧嘩して解散したわけではないので、ジャニーズ事務所とテレビ局にとっても、再結集のハードルは低い。

その舞台として考えられているのが、’97年に始まった彼らの代表的なバラエティ番組『学校へ行こう!』と特番の『V6の愛なんだ』(ともにTBS系)です。番組の根強いファンが多く、視聴率も高い。メンバーもこの番組を大切にしていて、担当ディレクターともいまだに交流が深い。今秋、『学校へ行こう!』のスペシャル番組が放送予定です。デビュー30周年などの節目にも特番が組まれるかもしれません」(芸能プロ幹部)

坂本には愛犬の「ペチョ」と別に、もう一人の「パートナー」がいる。’20年に本誌が交際を報じた元『宝塚』女優の朝海ひかる(49)だ。

「今年は坂本さんにとっては苦難の年でした。2年前に故障したヒザが完治しないまま、2〜3月に舞台主演という大役を務めたんです。そのとき、肉体的、精神的に支えたのが同棲していた朝海さんだったそうです。

坂本さんは現在、ヒザの治療に専念していて、今年中のミュージカル出演は控える予定と聞いています。半年後にはグループ解散ですから、仕事に区切りがつき、状況が落ち着いたタイミングで結婚発表する可能性は十分にあると思います」(ミュージカル関係者)

’21年は坂本にとって、大きな変化を迎える年になりそうだ。

本誌未掲載カット 坂本昌行『V6』11月に解散 リーダーが思い描く「メンバー再結集と結婚」

「FRIDAY」2021年7月16日号より

  • 撮影西原秀

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事