柴咲コウ 凛々しすぎる「唯我独尊の会社社長」ファッション | FRIDAYデジタル

柴咲コウ 凛々しすぎる「唯我独尊の会社社長」ファッション

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
仕事上で気になる空き物件があったのだろう。柴咲はテナントビルを見上げて、真剣な表情で撮影を始めた

テレビで見るよりも凛々しい。この日は、女優ではなく社長の顔だった。

6月中旬、東京・港区の雑居ビルから、柴咲コウ(39)が早足で現れた。ピンク色のTシャツに花柄のワイドパンツ姿。3つのバッグを手に持ちながら、サッとワンボックスカーに乗り込んだ。

「そのビルには柴咲さんが社長を務める会社『レトロワグラース』のオフィスがあるんですよ。法人登記上は本社の住所は別のところになっていますが、実際には、普段はそこで仕事をしていると聞いています」(大手芸能事務所関係者)

本誌が目撃したのは、〝おんな城主〟柴咲が下城するところだったのだ。

彼女がレトロワ社を設立したのは’16年のこと。楽曲の知財管理やファンクラブの運営のほか、自らが選んだアパレルや食品、雑貨をECサイトで販売していた。’20年には柴咲は大手芸能事務所・スターダストプロモーションから完全独立し、レトロワ社の所属女優となっている。

だが、業績は芳しくないのが現状だ。

同社の決算公告によれば、’18年12月期は約7060万円の赤字、’19年12月期は約1億1038万円の赤字、最新の’20年12月期のデータでも、約6806万円の赤字だった。従業員は10人前後。この数字では大ピンチと言わざるをえない。

「安定した収入源はファンクラブの会員費(年4800円)ですが、人気女優の彼女でも会員数は5000人前後です。さらに、ここ2年はコロナ禍で音楽ライブやファンクラブイベントが開催できなかったため、大きな売り上げを得ることができなかった。また、ECサイトで扱っている商品はどれも高価格帯です。ワンピースは3万〜4万円前後で、彼女のファン層である20〜30代にはなかなか手が届かない。最近は割引セールも行っていましたが、それでも苦戦しています。

また、化学調味料不使用のレトルト食品ブランドや有機栽培のお茶も扱っていましたが、これも人気商品とはならず、取り扱いを停止しました」(前出・関係者)

名女優、名経営者ならず……なのだろうか。一方で、柴咲本人は赤字をさほど気にしていないという。

「会社の事業は、結局、8割近くが柴咲の芸能活動で、これは順調です。コロナ禍が収まれば、またイベントを開催することもできます。さらに、会社の大株主である大手IT企業のモブキャストホールディングスが全面的にバックアップしており、同社代表がレトロワ社の役員も兼ねています。赤字が続いても、すぐに倒産危機ということはありません」(同前)

本誌が目撃した柴咲は自らのオフィスを後にすると、精力的に関係先を回り、その合間には、テナントビルの空き物件を見上げてスマホで撮影していた(上写真)。

「柴咲さんは女優、歌手、実業家の3つをすべて全力でやるという考えなんです。芸能活動がないときには、誰よりも早くオフィスに来て掃除をしていることもあります。50%の株式を保有するオーナー社長ですから、お飾りではなく、すべてを自分で決めている。ECサイトの商品も、もっと『柴咲コウ』を全面的にアピールして、安価なものを大量に売れば儲かるのですが、本人の強いこだわりで、それはしない。彼女のワンマン会社なので、スタッフの入れ替わりも結構ありますね」(柴咲の知人)

8月5日には40歳を迎える。黒字転換に向けて、おんな城主の手腕が問われる。

颯爽とオフィスから出てきた柴咲。自身がプロデュースを手がけるアパレルブランドのTシャツを着ていた
本誌未掲載カット 柴咲コウ 会社が7000万円の赤字でも「おんな城主」はマイペース
本誌未掲載カット 柴咲コウ 会社が7000万円の赤字でも「おんな城主」はマイペース
本誌未掲載カット 柴咲コウ 会社が7000万円の赤字でも「おんな城主」はマイペース

FRIDAY2021716日号より

  • 撮影齋藤雅昭

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事