スクープ

洗脳騒動から3年半、のん(能年玲奈)が芸能事務所と和解

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

本誌が彼女を目撃したのは、10月上旬のこと。この日、のんが訪れたのは、なんと彼女の”古巣”である芸能事務所『レプロエンタテインメント』だった――。

都内の音楽スタジオに向かうのん。みっちり、7時間に及ぶ練習を終えてさすがにクタクタの様子だ

朝ドラ『あまちゃん』で主演を務めて、国民的人気を得た彼女。だが、公私にわたってのんの面倒をみていた演出家・T氏に心酔したことで、’15年には事務所と深刻に対立。関係は修復不可能となり、’16年6月に『レプロ』を離れることに。その経緯は”洗脳騒動”として大きく報じられた。そんな彼女が、なぜ”因縁の相手”ともいえる事務所に姿を現したのか。

「実はこの日、のんと『レプロ』の間で、和解に向けた話し合いの場が持たれていたんです。持ちかけてきたのはのんサイド。騒動の詫びを入れるという形で、彼女が事務所に顔を見せることになりました。目的は、事務所との関係修復。さらに、のんがまた『レプロ』のマネジメントを受ける、という内容も含んでいます。まだ話し合いは始まったばかりですが、両者にとって意味のあるものだったことは間違いありません」(芸能プロ幹部)

この日、のんは黒塗りのハイヤーで事務所の入るビルに到着し、運転手にエスコートされて降車した。久しぶりの事務所に懐かしさが込み上げてきたのか、笑みを浮かべている。そして軽やかにスキップしながら、ビルの入り口へ。こんな緊迫した状況にあって、なんとも「らしい」振る舞いだ。

本誌はまさに”決定的瞬間”を目撃したわけだが、気になるのはそのタイミングだ。騒動から3年半が経ったいま、なぜのんと『レプロ』の間で和解への舵が切られたのだろうか。

実は、現在、来年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺』での、のんの「NHKカムバック」という仰天プランが進行中だというのだ。

「『いだてん』は’20年の東京オリンピックを前に、NHKが総力をあげて制作している大河ドラマ。脚本は宮藤官九郎さん(48)が担当することが決まっています。実は、その制作陣が、『あまちゃん』を手掛けたスタッフたちなんです。宮藤さんを含め、いわば『チームあまちゃん』とでも言いましょうか。そのチームから、『サプライズとして、のんを出演させたい』という話が出ているようなんです」(NHK関係者)

紆余曲折を経ながらも、再び大きな舞台で脚光を浴びようとしているのん。彼女の天才的な演技を、もう一度見たい――。多くの国民が待ちわびている瞬間が訪れるのは、そう遠くないかもしれない。

FRIDAYデジタルGOLDでは、「レプロ」との話し合い直後に笑顔でスタッフに手を振るのんの写真、および和解交渉の舞台裏を詳細を全文公開している(有料)。

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事