手越祐也が語る「最終目標はアメリカ進出」の理由と根拠 | FRIDAYデジタル

手越祐也が語る「最終目標はアメリカ進出」の理由と根拠

ジャニーズ事務所退所から1年。独占告白1時間 ユーチューバー、経営者、そして歌手……歩みを止めない稀代のエンターテイナーが明かす過去と未来

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
多忙でも一日のルーティーンは崩さない。現在も週3日の筋トレと、仲間とのフットサルは欠かさないという

「最初は仲間が誰もいないなか、やりたいことだけ無限にありました。それを実現していくうちに、人が集まって。”チーム手越”はこれからが本番です!」

日本トップとなるユーチューブ同時視聴132万人を記録した「ジャニーズ事務所退所会見」から1年。ユーチューバー以外にも起業や音楽活動などさまざまなことへ挑戦し続ける”エンターテイナー”手越祐也(33)。激動の1年を笑顔で振り返る。

「自分の身一つで飛び出した旅だったので、当初は本当に大変でした。スケジュール管理や細かい事務作業まで全部自分でやらなきゃいけなくて。ただ昨年7月に会社を設立して社員が一人、入ってくれた。それからもいただいた仕事を一つ一つ大事に取り組んでいたら、次第に力を貸してくれる人が増えていって。今では30人ほどで”チーム手越”を結成し、いろいろな仕事に取り組んでいます。出会いに恵まれた1年だったと思いますね。


一番記憶に残っているのは今年3月に参加させてもらったイベント『関西コレクション』ですね。久々にステージで歌う機会をもらって。大喜びしてくれる子もいれば、涙ぐむ子もいて、そういう景色を直接見られたのは嬉しかったですね。ガムシャラにやってきたことが正しかったんだと肯定されたような気持ちでした」

プロデュースする美容サロンは今年に入り7店舗に拡大。さらに今年7月には独立後初となるシングル曲のデジタル配信も始まっている。順風満帆な活動の一方で、見えない苦労も多々あったという。

「仕事量はジャニーズ時代の10倍以上に増えました。移動中も仕事をしないと終わらないため、専属のドライバーを雇っています。ただそのせいで大好きな愛車を運転する時間がまったく取れなくて最悪ッスよ(笑)。あとは睡眠時間も平均で2時間くらい減りました。睡眠時間が2〜3時間なんて日もザラです。一番難しいのは喉(のど)のケア。普段から喉に負担を掛けない話し方を意識していますし、お酒を控えて、のど飴やヒーリング効果のある紅茶を飲むなど、ケアには人一倍こだわっています。
この1年の自己採点は90点って感じかな。正直、活動量としては100点満点だけど、例えばソロ公演で東京ドームを満席にしたとか、デッカイものを成し遂げたわけではない。いつか自分自身でも『やり切った!』って納得できるような、ビッグイベントを成功させたいッスね」

最終目標はアメリカ進出

今年を音楽の年と位置付ける手越。7月7日には自身2度目となるメジャーデビューも果たした。

「’03年に『NEWS』でメジャーデビューした時はとにかく環境の変化についていくだけで必死だった。正直、自分のことしか考えられていなかったと思います。頼りになる先輩メンバーが8人もいたこともデカかった。でも今は、どうやってファンを楽しませるか、それしか考えてないです。来てくれたお客様を最高に幸せにしないといけないってプレッシャーはすごいけど、そういうほうが燃えるんで(笑)。不安はありません。


今はコロナの影響で行けないけど、ゆくゆくは海外でもステージに立ちたい。一番行きたいのは中国や韓国といったアジア圏。そこでちゃんと成功を収めて、最終目標としてアメリカの音楽シーンで成功したいです!」

世界を見据える”ワールドエンターテイナー”だが、ある夢には弱気を見せた。

「俺、結婚できないかもしれないッス(笑)。皆、どんなタイミングで結婚できたのか、不思議なんですけど! ベタッスけど今は仕事が恋人ですね」

仲間と一緒に大きな夢へ突き進む手越。快進撃は今年も止まらない。

自身の動画内で最高月収1億と語っていた手越。その資金を元に、今後は社員の採用なども検討しているという
本誌未掲載カット 手越祐也が語る「ひとりぼっちの挑戦」の現在地
本誌未掲載カット 手越祐也が語る「ひとりぼっちの挑戦」の現在地
本誌未掲載カット 手越祐也が語る「ひとりぼっちの挑戦」の現在地

FRIDAY2021年7月23日号より

  • 撮影小松寛之

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事