DJ社長が批判した「元事務所社長の息子」がアイドルデビュー | FRIDAYデジタル

DJ社長が批判した「元事務所社長の息子」がアイドルデビュー

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
6月1日に解散の経緯について語った元「レぺゼン地球」リーダーのDJ社長(オフィシャルYouTubeより)

「腐っとるやん? こんなん」

そうYouTubeで怒りの告発をしたのが、元「レぺゼン地球」のリーダー・DJ社長だ。

レぺゼン地球といえば、昨年12月の福岡ドームを最後に解散。だが、メンバー5人は“Candy Foxx”として活動をしていたことから、ファンからは《解散詐欺ではないか》などの声が多く上がっていた。

だが、6月1日にDJ社長がYouTubeで、所属事務所から独立していたことを告白。そのため、事務所の所有権があるグループ名や楽曲などが使用できないことを明かした。

「DJ社長の告白は、再生数が1000万回を超えるほどの大反響でした。その中で彼が怒りの矛先としたのが、事務所社長であるH氏。彼との金銭トラブルがあり、それが独立の引き金になったということ。また、H氏の息子がメンバーより多くの報酬をもらっていたことなどを批判していましたね」(スポーツ紙記者)

これにより、H氏のみならずH氏の息子にまで苦情が殺到。彼は自身のTwitterで給料は月10万円しかもらっていないことなどを明かしたものの、事態が鎮静化することはなかった。

「H氏の事務所にはイタズラ電話だけでなく、注文していない冷蔵庫が着払いで届いたり、自宅周辺を徘徊するファンらしい人物が複数目撃されたようです。また、息子さんのSNSにもアンチから脅迫めいたメッセージが多数書き込まれ、精神的にも追い込まれたようですね」(音楽関係者)

そんな状況にDJ社長もまずいと思ったのか、6月8日に自身のTwitterに、

《視聴者の怒りを焚きつけてしまうような動画を出したのが悪いのですが、HさんおよびHさんの息子さんへの誹謗中傷、攻撃などは辞めてください!》

と投稿。また、H氏側より代表者名と代理人弁護士2名連名で、事務所のオリジナルキャラクター“じぇにふぁ~”のTwitterを通じコメントを発表し、

《SNS等と通じた弊社代表者やその親族・関係者等に対する誹謗中傷、生命身体への害悪の告知を含む脅迫行為等や、弊社代表者が役員を務める別会社に対する無言電話や嫌がらせ等の業務妨害等も生じていることから、現在、管轄警察署に相談しており、今後、このような行為が継続される場合には、正式に刑事告訴を行うことも検討しております。(中略)

一部のインターネット上のサイトやコメント等において,「神宮寺シャイ」が弊社との専属契約中に「月額200万円の(或いは非常に高額の)報酬を得ていた」「弊社の資金を不正に流用して高級車や高級時計を購入していた」等の情報が掲示されていたようですが,全くの事実無根です》

と、行き過ぎた行為に対しては、法的手段も辞さないことを明言している。

そんな中、批判の的となったH氏の息子が先日、アイドルデビューを果たしたという。

「元々、神宮寺シャイとして音楽活動をしていたのですが、今回はアイドルグループ『Trip+lip』のメンバーとしてデビューしたのです。7月13日にはデビューライブも行われ、かなり盛り上がったようですね」(ワイドショー関係者)

だが、今回のDJ社長の告発により、SNSが炎上した神宮寺。そのことから、一時はデビューを断念しようとしたこともあったとか…。

「神宮寺本人はグループに迷惑がかかるのではないかとかなり悩んだそうです。しかし、メンバーから“一緒にやろう”という言葉に後押しされ、デビューステージに立つことを決めたそうです。

今はH氏の事務所から独立し、元ビジュアルバンドのメンバーが社長を務めるプロダクションに移った。まさに彼にとってもイチからのスタートということでしょうね」(前出・音楽関係者)

レぺゼン地球とH社長との裁判沙汰に、思わぬ形で巻き込まれた息子の神宮寺。だが、アイドルとして、レぺゼンに負けない活躍を見せてほしいものだ――。

H氏の息子・神宮寺シャイ(前列右)はアイドルグループ「Trip+lip」のメンバーとしてデビューした(オフィシャルサイトより)

H社長と弁護士が発表した文章。アンチからの誹謗中傷には法的手段を取ることも辞さない旨が記されている(じぇにふぁ~オフィシャルTwitterより)

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事