ビフォーアフターの別人感がハンパない「ダイエット垢」が急成長 | FRIDAYデジタル

ビフォーアフターの別人感がハンパない「ダイエット垢」が急成長

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

ワクチン接種が進んでいるとはいえ、まだまだ巣ごもり生活が続く中、悪化する経済とは一転、インスタグラムのダイエット垢の人気は右肩上がりだ。

最初の緊急事態宣言が発令された昨年4月あたりから、自身のダイエットの様子を記録したアカウントが急増。コロナ太りに悩む人の増加が追い風になり、需要が急上昇している。プロのトレーナーとして新たな人生を踏み出したり、書籍を出版する人が誕生するなど、ビジネスチャンスが眠る一大マーケットとして拡大している様子だ。

そこで、多数いるダイエット垢の中から2名をピックアップ。彼女らの投稿履歴とともに人気の理由を分析したい。

フォロワー27.6万人! 学生時代のピークからマイナス26kg減

バランスボールインストラクター・体力指導士もりもとさちこさんのフォロワー数は27.6万人。インスタグラムをはじめたのは2016年。すでに名古屋でトレーナーとして働いていたもりもとさんは、美尻、下腹、停滞期の打開トレーニングなど、バランスボールを使った宅トレプログラムをシェア。テロップをのせたわかりやすい解説動画や、お悩み別トレーニング、さらにハイペースな投稿頻度が相まって、着々とフォロワーを獲得。

もりもとさちこ氏のインスタグラムより

「丸々してきた」という2019年頃から、自身の体型の比較画像を投稿。バランスボールをはじめるきっかけとなったという産後太りをしていた当時の写真も披露し、あまりの変貌っぷりに注目度が加速した。

新型コロナによる自粛生活が強いられ始めた2020年4月頃からは、投稿をさらに自身の体型のビフォーアフター画像に絞り、もともとスレンダーな体が、さらにほっそりと引き締まっていく衝撃の比較画像に「自分も変われんるだ!」と勇気づけられる女性が集結。あっという間にフォロワーは27.8万人を超えた。

最近は、バランスボールから、ローラーを使ったほぐしや、ツール無しのエクササイズにシフト。さらに詳しい動画を配信するYouTubeでは、チャンネル登録者数6.74万人と、ファンを増やし続けている。

現在は、トレーナーのほかに、フリーランスの女性を対象に、SNSを活用したビジネスの始め方、インスタグラムを使った集客やファンづくりのノウハウを教えるインスタ塾の開校を準備中。体の鍛え方をシェアするだけでなく、SNSビジネスのコンサルタントとして、活躍の場を広げていくつもりだ。

インスタグラム

https://www.instagram.com/sacchin_morimoto/?hl=ja

ただの公開ダイエット記録から、4冊の著書を出す人気ダイエットアドバイザーに

「なかなかやせない50代母まで10キロやせた!すごウマダイエットレシピ」(KADOKAWA刊)「きれいな母ちゃんをあきらめない!人生を変えるすきま宅トレ」(主婦の友社刊)をはじめ、これまで4冊の著書を出版する人気ダイエットアドバイザーMONAさん。1冊目は2017年に発刊。インスタグラムを始めたのは、もりもとさちこさんと同じく2016年だというから、それから1年足らずで出版に至ったということがわかる。

インスタを始めた2016年4月に遡ると、「本日の体重キロク♡ お正月の時に65キロだったのでそこからはすぐ減ったけど60キロ前後をウロウロ。。。」というコメントとともに、59キロと表示された体重計の写真を投稿している。以降、栄養バランスを考えたおいしそうなヘルシーごはんの投稿が続き、6月末には53.8キロに。たった2ヵ月で6キロ近くの減量に成功。

その頃から、数年前に大ブームを呼んだ「モムチャンダイエット」やインスタで見つけたエクササイズに励む宅トレ動画を投稿し始め、8月にはフォロワー数5000人を突破。中でもやせにくいと言われる二の腕の過去との比較画像には、トレーニング法を教えて欲しいとリクエストが殺到。その後も宅トレとヘルシーなダイエットごはんにより順調に体重は減り、10月には49.8キロまで減量に成功。翌年2017年2月にはフォロワーは2万人を超えた。

その頃から“顔出し”をしはじめ、MAX太っていたという産後と現在の姿の比較画像を公開し、オリジナルの宅トレエクササイズを次々と投稿。支持される理由に、短期間での減量スピードと簡単にマネできる宅トレエクササイズ。そして、ダイエットレシピとはいえ、彩り豊かな日々のごはん。「食べながら痩せる」を地で行く独自のダイエット法が挙げられる。

インスタグラム
https://www.instagram.com/monabodymake/

ふたりに共通していえるのは、決して楽とはいえない宅トレを地道に継続する並々ならぬ努力の持ち主であること。そして「もっともっと美しくなりたい」という意思の強さ。

みるみる痩せて美しくなっていくと同時に、表情もどんどん自信に満ちていく姿は、多くのダイエッターにとって希望そのものであり、モチベーションの源と呼べるだろう。

  • 取材・文大森奈奈

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事