石田ゆり子「バスローブ風の涼しげワンピース姿」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

石田ゆり子「バスローブ風の涼しげワンピース姿」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
とある日にはジムに行った後、デパ地下へ。自分の食料品よりもペット用品を多く買い込んでいた

女優の石田ゆり子が自身のインスタグラムアカウントを更新し、「バスローブ風の白いワンピース姿」を公開し、話題だ。「涼しげ 素敵」「可愛くて大好き」「美しいです」「ゆりさん、綺麗です」「ゆり子さんの若々しさに驚きを隠せません」といったコメントが集まり、脅威の17万5000いいね!が殺到した。

写真の石田はソファーの肘かけ部分に座り、横を向き、窓のほうを見つめている。白のワンピースは薄い素材で、今の季節にはぴったりだ。またサンダルをはいており、夏らしい装いだ。左手中指には大きめの指輪をつけており、耳につけている十字のアクセサリーもキラキラと光り輝く。アンニュイな表情の石田がとても印象的だ。

石田はこのほかにも3枚の写真を同時に公開した。いずれも白いトップスと白いズホンの姿だ。キッチンでコンロを見つめている写真、銀の花瓶に大量にさされた白い花をバックにポーズしている写真、腕をだらっとおろして、くしゃっとした笑顔を見せている写真……どれも石田の魅力がつまっている。

石田はこんな文章を投稿に載せている。

「HERS 2021 夏号。テーマは「白」。しろ。白。White。白は光の色。暗闇があるから白がある。最も身近な色でもあり、そして最も憧れの色でもある。そんなことを深く考えさられた撮影でした」

実は石田、ファッション・ライスタイル雑誌「HERS」(ハーズ)の表紙を飾ったのだ。そして巻頭には彼女のインタビューが掲載された。

「グレーやベージュなどの中間色を選ぶことが多かったのですが、45歳をこえた頃から白と黒がとても好きになりました。白い服がくすんだり汚れたりしたとき、黒く染め直すことも。くすんでしまったから処分するのではなく、染めることで新しいものに生まれ変わり、新鮮な気持ちで出会い直すことができるのが楽しくて」

そんな石田流の白い服との向き合い方も紹介されている。モノを大切にし、生まれ変わらせる。とても石田らしい一面だ。

さて現在放送中のドラマ、日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBSテレビ)では東京都知事役を熱演中の石田。視聴率も好調で、石田にも注目が集まる。益々彼女から目が離せない!

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事