石橋貴明を見捨てた鈴木保奈美と貴乃花を見切った河野景子の共通点 | FRIDAYデジタル

石橋貴明を見捨てた鈴木保奈美と貴乃花を見切った河野景子の共通点

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
23年目で離婚という選択をした鈴木保奈美と石橋貴明(99年撮影)

女性はいつまでも輝ける――。

「とんねるず」石橋貴明と女優の鈴木保奈美が7月16日夜、石橋のユーチューブチャンネル「貴ちゃんねる」で離婚を発表した。動画は約12時間後に消える時限式で、トータル160万回近く再生された。今後2人は

「事務所社長と所属俳優として新たなパートナーシップを築いて参ります」

という。動画の最後には石橋と鈴木のツーショット写真が流れたが、真顔の石橋とは対照的に、鈴木の笑みが印象深い。

「別れを切り出したのは保奈美さんのほう。籍を残したまま、別々の生活を送る『卒婚』ではなく、戸籍上は他人となる『離婚』を選択したのは、石橋さんの元から離れたいという一心からではないか。同時に新たな人生をリスタートさせるという決意表明でもあります」(スポーツ紙記者)

鈴木は‘98年11月に石橋と結婚。入籍時にはお腹に第一子を身ごもっており、当時は「略奪婚」と騒がれた。

その後、保奈美は次女、三女を出産し、仕事をセーブし育児に専念した。

「保奈美さんは家庭に入り、子育て優先の生活を送ってきました。石橋さんは亭主関白気質で、保奈美さんに門限を設けたり、他の男と『なれなれしくしないように』というお達しも出していたとか。3人の子供が成長するにつれ、少しずつ女優業を再開させましたが、石橋さんは最後までいい顔をしなかったそうです」(同・スポーツ紙記者)

2人は離婚理由について動画で「子育てがひと段落した」ことを挙げた。保奈美は三女が高校を卒業する今年をXデーに設定し、昨秋には都内に3億円マンションを購入するなど着々と準備を進めてきた。

「もちろん、石橋さんは離婚に大反対。しかし保奈美さんの決意は固く、3人の娘も保奈美さん側に付いた。言い方は悪いですが、石橋さんは“見捨てられた”カタチとなってしまった」(ワイドショー関係者)

子育て以外の離婚理由もありそうだ。保奈美は元祖“魔性の女”で、これまで往年のドラマプロデューサーや人気絶頂だった俳優・江口洋介らと浮名を流してきた。

「時代の寵児に惹かれるタイプ。石橋さんとの結婚も『とんねるず』全盛期でした。その夫が近年テレビ局から“リストラ”を食らい、ユーチューブに活路を見出すようになった。自宅にいる時間も格段に増えたそうです。彼女の性格的に、夫にあっさり見切りをつけたという見方もできます」(芸能レポーター)

晴れて離婚できたのだから、恋愛しても一向に構わない。同じようなパターンで言えば、‘18年10月に大相撲の元横綱・貴乃花光司氏と離婚した河野景子の例が挙げられる。

保奈美とは同年代。夫が個性的で、家庭内のマイルールに悩まされた点でも共通項がある。前出のワイドショー関係者は

「表向きは円満離婚ですが、自由を求めた部分は大きいでしょう。息子で靴職人の花田優一氏も河野さんの選択を後押ししたと言います」

と話す。

河野は離婚からほどなくして、一部週刊誌でエステ経営者の男性との再婚報道が飛び出した。それを「節操がない」と言う人もいるが、子育てを終えた女性の充実したセカンドライフを応援する声の方が圧倒的に多かった。

「河野さんも保奈美さんも年齢を感じさせないほど若いですし、なにより色気があります。彼女たちのような生き方に憧れる女性が今後増えていくのではないでしょうか」(前出・芸能レポーター)

今や新たな恋にまっしぐらの河野。そんな彼女をみれば、しばらくして鈴木にも熱愛報道が飛び出したとしても、さして驚きはないようで…。

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事