松嶋菜々子「美しすぎるお母さん姿」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

松嶋菜々子「美しすぎるお母さん姿」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
カンヌ国際映画祭に出席した際の松嶋菜々子(AFLO)

まもなく公開される映画のなかで女優の松嶋菜々子が見せている「美しすぎるお母さん」姿が話題を呼んでいる。

松嶋は8月13日公開予定の『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で、主人公の母親「渡辺礼香」を演じる。

同映画の宣伝のなかで公開された写真は、たくさんの生活用品が雑多に置かれた、いわゆる「一般家庭」のような場所で、松嶋が椅子に座り、テーブルにひじをたてて、マグカップを両手で握っている。とても生活感あふれる様子だ。

主人公である渡辺兄ケイ役の天才子役・寺田心を見つめている場面なのだろうか、松嶋は独特な優しい微笑みで頬を少しあげている。目じりのホクロもとても妖艶でもある。

映画「妖怪大戦争」は1968年に大映が製作し、配給した特撮映画だ。2005年には三池崇史監督が神木隆之介主演で平成版をリメイク。興行収入20億円のヒットを記録した。この度、同監督が令和版の最新作を制作したわけだ。

松嶋は出演にあたり、以下のようなコメントを発表している。

「三池監督とは『藁の楯』でご一緒したのですが、久しぶりにお声がけいただき嬉しかったです。今作では、主人公寺田心くんのお母さん役で人間でしたが、内心は妖怪になってみたかったです(笑)。三池監督の描かれる妖怪スペクタクル、ぜひご期待ください」

松嶋は、2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』でもヒロインで戦災孤児の奥原なつ(広瀬すず)の母・柴田富士子を演じた。その時はヒロインの夢を応援しながら、北海道の牧場でたくましく生きる女性像を見事に創り上げ、物語を大いに盛り上げた。ドラマの平均視聴率も関東地区で21%を記録するなど大ヒットした。

ちなみに、映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』では杉咲花、安藤サクラなど”朝ドラ女優”も共演者として名を連ねている。今回は彼女らと一つの作品でどんなハーモニーをうむのか、期待が集まる。

さて「日本の母」としての存在感を増している名女優、松嶋。その勢いはまだまだ止まりそうにない。彼女から益々目が離せなくなった!

  • 写真AFLO

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事