「リアル妖精すぎるカザフの旗手」に世界から注目集中…! | FRIDAYデジタル

「リアル妖精すぎるカザフの旗手」に世界から注目集中…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
17年の世界陸上では銅メダルを獲得(AFLO)

7月23日に東京・国立競技場で開かれた東京五輪開会式。新型コロナウイルスとの闘いなど幾多の困難を乗り越えると同時に、関係者の辞任などを巡る幾多の批判を跳ね除けながら開催されたが、その内容に対しては「感動した」人や「税金のムダ」と憤る人などがネットに現れ、様々な反応があった。

そんな中でも多くが関心を寄せたのが、開会式の中での選手行進であった。日本が世界に誇るテレビゲーム「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」の荘厳かつ勇ましいテーマ曲にあわせて、選手が競技場を堂々と歩いた。そして各国・地域・団体の名称が記されたプラカードは、漫画の吹き出しをイメージしたデザインになっており、プラカードベアラーの衣装にはスクリーントーン柄があしらわれた。

この「超・日本サブカル推し」の演出の中で、さらに注目を集めたのがカザフスタン選手団の旗手を務めたオルガ・リパコワ選手だ。

リパコワ選手は陸上女子三段跳びの選手で、2012年のロンドン五輪の金メダリスト。同五輪後には母国で特別切手が発行されるなど歓喜に沸いたそうだが、東京大会でも期待が集まっている。

そんな中で彼女は開会式に美しい刺繍がほどこされた白の衣装で登場。メディア報道によると、衣装は白鳥をイメージしたという。彼女の姿にネットでは「妖精みたい」「一番美しい」「ファンタジー感あった」「お姫様だ」など称賛する声が殺到。これを受け、同国オリンピック委員会は公式インスタグラムアカウントでマスクを外したリパコワの衣装姿を改めて公開し、1万3000のいいね!が集まった。

ちなみに同委員会は公式ツイッターアカウントでもリパコワの衣装姿の動画を公開した。「うちの旗手のこと好きなんでしょ?」とのコメントを添えた。

母国だけでなく日本でも注目を集めること間違いなしの彼女が思いっきり躍動する姿を早く見たい……!

  • 写真AFLO

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事