小室圭さん 日本中が五輪ムードのウラで臨む「運命の司法試験」 | FRIDAYデジタル

小室圭さん 日本中が五輪ムードのウラで臨む「運命の司法試験」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
7月27日と28日の2日間にわたり、ニューヨーク州司法試験にチャレンジする小室圭さん。オリンピック選手と同様に”負けらない戦い”だ”

五輪のメダルラッシュの裏で、一人の男もまた異国の地で戦っている。小室圭さんだ。

ニューヨーク州の司法試験は7月27日と28日の2日間にわたって実施される。コロナ禍のためリモートでの試験となるようだ。

「秋篠宮家の長女・眞子さまとのご結婚問題は、小室さんの母・佳代さんと元婚約者Aさんの間に起きた金銭トラブルを発端に未だに宙に浮いたまま。Aさんは話し合いを持ちたいと希望しているが、小室さんサイドからは未だに返答が保留されています。解決金の400万円を用意する意思表示を示したが、進展が全く見られないため、今やそれもどうなるのかも分からない状態ですね」(ワイドショー関係者)

小室さんにとって、司法試験の合否は人生で非常に重要な局面であることは間違いないだろう。しかし親の問題とはいえ小室さんもAさんとの話し合いの場に立ち合い、そして録音し、その内容を文書で公表して反論していたことを見れば、親子で一蓮托生といえる。

ではいつどのように次の動きを見せるのだろうか。

「天皇陛下が東京五輪の大会名誉総裁を務めていますし、メダルラッシュで国内の祝福ムードを考えても五輪中に水を差すような動きを見せることはしないと思います。10月には眞子さまと小室さんお二人の誕生日がある。そして司法試験の合否の発表も同じく10月です。

総合的に考えるとその近辺で、小室さんは何かしらの動きを見せる気がします。何も発表せずに10月に結婚を強行突破することはさすがにないでしょう」(皇室ジャーナリスト)

中でも紀子さまはこれまで小室さんへのコメントをされておらず、どうお考えなのか注目が集まる。

一つ気になるのは以前小室さんの代理人が「資格取得まで帰国する予定はない」とコメントをしたことだ。合否の発表は10月になるが、その後面接などもあり、正式に資格を取得するのは来年の1月ごろになると見られている。

「ロースクールはすでに卒業していますし、就職先は決まっているようですが小室さんは公表していません。もし資格取得の1月まで帰国しないとなると結婚はさらに先。もしくは眞子さまは結婚前に皇族を離脱して海外に移住し、そして小室さんと結婚して、佳代さんと3人でセレブ生活を堪能するという可能性も出てきています。日本では国民の反発が強すぎますし、マスコミに追いかけまわされるので“生きづらい”と感じているでしょうからね」(女性紙記者)

結婚前に皇族を離脱すれば、納采の儀などいくつもの結婚に関する儀式はする必要がない。しかし眞子さまがそのような行動に出れば当然、国民は困惑するだろう。

この問題、果たしてどのような着地点になれば皆が納得するのだろうか…。

  • PHOTO船元 康子

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事