卓球・福原愛 なぜ「不倫報道後4ヵ月」で五輪解説をやれたのか | FRIDAYデジタル

卓球・福原愛 なぜ「不倫報道後4ヵ月」で五輪解説をやれたのか

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
不倫騒動からわずか4ヵ月後の復帰に時期尚早の声も多い福原。写真は18年の引退会見

「愛ちゃん、やりました!」

伊藤美誠と組み日本卓球界初の金メダルを獲得した水谷隼からメッセージを送られると、福原愛(32)はニコリとほほ笑んだ。7月26日に水谷らが中国人ペアを破った直後のこと。ロンドン大会銀メダリストの福原はフジテレビの五輪中継番組に出演し、こう決勝戦について解説した。

「五輪という舞台で中国に勝って金メダルをとり、まだ夢のようです。お互いがお互いを補ったペアの良さ、相性の良さがいきた試合でした」

今回の五輪解説は、福原にとって「復帰戦」だ。だが今年3月に『女性セブン』が報じた知人男性との自宅&ホテル連泊「不倫報道」から4ヵ月、7月8日に台湾の卓球選手・江宏傑との離婚を発表してから1ヵ月……。もちろん本人が不倫を否定しているし、離婚も当人たちの判断なのだから、活動を自粛する必要などないだろう。だが、まだ騒動は収まっておらず、公の場に戻るのが、やや早い印象を受けるのは否めない。なぜ福原は、このタイミングで出演したのだろうか。

「福原さんの五輪解説は、不倫報道前から決まっていたようですからね。フジは幼少の頃から密着取材をするなど、両者の関係は良好です。福原さんにとり、オファーを断る理由はなかったのでしょう」(フジテレビ社員)

「チャンネル変えた」

福原の出演に対し、批判的な意見は多い。ネット上には、こんなコメントが溢れた。「もう少し大人しくしていたら」「愛ちゃんの解説だからチャンネル変えた」「離婚直後にテレビ出演てどんだけメンタル強いの」……。当の福原は、カメラの前で動じることなく終始笑顔を浮かべていた。

「日本や台湾でマイナスイメージがつきましたから、今後の活動拠点を中国に置こうと考えている…と聞きます。中国の卓球界は日本に敗れ銀メダルに終わり、日本の卓球への見方もずいぶん変わるはず。愛ちゃんは、タレントとしても卓球指導者としても需要があるでしょう。

中国の芸能やスポーツ市場の大きさは、日本とケタが違う。国が全面的にバックアップするので、ギャランティーも莫大です。愛ちゃんとしても、魅力的なはずですよ。日本でバッシングを受けても、余裕なのはうなずけます」(日本卓球界関係者)

中国での「愛ちゃん人気」は想像以上だ。中国人ジャーナリストの周来友氏が語る。

「中国の卓球トップリーグにいた愛ちゃんは、もともと人気の高い選手でした。愛らしい顔立ちが『陶器の人形のようだ』と、ファンが多かった。中国語をマスターしたのも、親近感を持たれています。日本人以外なら、中国人の有名アスリートやスターと結婚すればいいなと思われていたくらいです。台湾選手との離婚が成立したことで、再び中国で人気が高まるでしょう。スポーツキャスターやCM出演など、ひっぱりダコになるはずです」

スキャンダルにみまわれても、したたかに復活した愛ちゃん。彼女の視線は、日本から海外へ向けられているようだ。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事