離婚発表…篠原涼子と市村正親が「理想の家族」だった頃 | FRIDAYデジタル

離婚発表…篠原涼子と市村正親が「理想の家族」だった頃

緊急ワイド 熱愛と熱演、別離と隔離—— 注目芸能人たちの「いちばん熱い夏」 FRIDAY直撃に離婚を笑い飛ばしていたのに、約16年の結婚生活にピリオド

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
こちらは第1子妊娠発覚直後のイタリアンデート。市村(左)は身重の妻を終始、優しくエスコートしていた

ある日の夕食どき――雑居ビルのエレベーターの扉が開くなり、チビッコが外に飛び出した。「こら〜!」と篠原涼子(47)。続けて市村正親(72)が「危ないぞ」とバリトンヴォイスで注意する。

赤信号で息子に追いつくと、一家は近くのオモチャ屋へ入った。

市村「これも買おうよ、神経衰弱!」

篠原「私もいいと思った! みんなで遊べるね」

市村「温泉に持っていこう」

ダンディに微笑む市村に、無粋にも店員がポイントカードを勧めてきた。

俺を誰だと――と怒り出すかと思いきや、市村は「もらっておきなさい」と息子に手渡す。そして「ポイントがたまると500円分タダになる」と聞くや、

「ワーオ!」

と咆哮(ほうこう)した。息子が「ワーオ!」とマネると再び、「ワーオ!」と返す。父子のラリーになごむ店内。オチャメな面を見せつつ、市村は愛妻に向き直りこう言った。

「そんなに緑が似合うと思わなかったよ」

篠原が「え?」と聞き返すと、

「(緑の)コートがさ!」

白い歯を見せた。これぞ「理想の家族」だな――取材しながら感動したあの日から5年も経たずに、二人は破局した。

「昨年夏から別居していました。自宅から10分ほどの距離にある高級マンションに、篠原が生活拠点を移したのです。篠原は土日しか帰らず、子育ては市村に一任していたんだとか。別れを切り出したのも篠原のようです」(芸能プロ幹部)

そして7月24日に離婚を発表。72歳の市村が親権を持つことに驚きの声もあがったが、この経緯を考えれば納得だ。

不可解なのはオシドリ夫婦がいつ、なぜ心変わりしたのかだ。破局説が囁(ささや)かれ出した’18年、本誌が篠原を直撃すると、彼女は「(離婚危機は)ないない! パパとも『なぜそんな話が出たんだろうね』って話しています」と笑い飛ばした。昨夏、別居を始めた際は所属事務所が「コロナ感染予防のため」とやはり全否定していたのだが――。

「子育てで仕事をセーブしていた女優がたて続けにドラマの仕事を入れ始めると”離婚フラグ”だと言われますが、いまの篠原がまさにそれ。朝の連続テレビ小説『おちょやん』を経て、現在はNetflixのドラマ『金魚妻』の撮影中です。

篠原は自由に生きたい人。所属事務所は直前まで、彼女が離婚を考えているとは知らなかったそうです。ふと、女優スイッチが入ってしまったのではないか。市村さんはそれをよくわかっているから、自分が親権を取ることで、彼女を解き放ったんでしょう」(キー局プロデューサー)

理想の別れだったのかもしれない。

’18年、本誌が離婚危機について問うと篠原は笑顔で否定。記者にステーキサンドを差し入れる余裕を見せた

『FRIDAY』2021年8月13日号より

  • 撮影清水直樹 川上孝夫

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事