小室圭さん 批判多数の日本から脱出しニューヨークで強行結婚か | FRIDAYデジタル

小室圭さん 批判多数の日本から脱出しニューヨークで強行結婚か

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ニューヨーク州で就職することを決めたという小室圭さん。眞子さまとのご結婚の行方は…

先月末、NHKが「小室圭さんはニューヨーク州の法律事務所に就職する見通し」という内容を報じた。眞子さまとのご結婚に進展が見られないまま、日本の地を離れてアメリカを拠点に生活するという。これは一体何を意味するのだろうか。

小室さんの母・佳代さんが元婚約者Aさんとの間に発生した金銭トラブルを発端に全ての歯車が狂い、眞子さまをも巻き込む報道が連日される中、未だ婚約すら成立していない状態だ。

「眞子さまのご結婚の意思は固いといいます。やはり当初から言われている通り年内には結婚したいとお考えでしょうが、コロナ禍で国民が苦しんでいる中、大々的に儀式などすることは難しい。

何より秋篠宮殿下や天皇陛下もこんな時期に結婚のお祝いムードにすることをよく思われていないでしょう。皇室と眞子さまの方向性は一致していないと思います」(皇室ジャーナリスト)

東京五輪の大会名誉総裁を務められた天皇陛下は、国民にワクチンが行き届いていない中、ご自身だけ優先されるべきではないというお考えから、開会式には1回のワクチン接種で臨まれたという。

「天皇陛下をはじめ皇族はいつも国民のことを思い、寄り添ってくださる。災害時などでも被災地にお見舞いで訪問されると、感動して涙を流す人もいらっしゃいます。

そう考えると小室さんが日本国民を避けるようにアメリカに移住するというのは、皇族のご結婚相手としても違和感を覚えます。ましてや眞子さまとアメリカに住むとなるとなおさらですね」(女性誌記者)

一方で、アメリカで結婚生活を送るにしても、眞子さまには結婚の一時金1億5000万円が支給され、日本からアメリカの警察に警備をお願いするなど、税金が使われることになる。日本から出て結婚したとしても、国民は簡単には納得しないだろう。

やはりそこには、不透明なままとなっている佳代さんの金銭トラブルが大きい。Aさんから支援を受けた400万円のほか、元夫の遺族年金の不正受給疑惑、当時反社だった人物に仲介させて親族の遺産相続をした問題など、眞子さまの義母となるにはあまりにもふさわしくないことが多い。

「正直、小室さんの知らぬところで佳代さんがしてしまったこともあるでしょう。息子の結婚のことを本気で考えているなら、ご自身の口からきちんと説明したらケジメがつくのでは。疑惑を放置しているので余計に反発が多くなるのだと思います」(同・女性誌記者)

小室さんはあの28ページの文書を発表してから、口を閉ざしている。このままの状態で今秋に結婚を強行しても、はたして国民が納得するのだろうか…。

  • PHOTO蓮尾真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事