大炎上の河村たかし市長 根底に「女性蔑視」と「ミーハー体質」 | FRIDAYデジタル

大炎上の河村たかし市長 根底に「女性蔑視」と「ミーハー体質」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
世界コスプレサミットで両脇に美女を抱えて笑顔を見せる河村たかし名古屋市長

名古屋市の河村たかし市長が“火だるま”状態だ――。

発端は8月4日、名古屋市出身でソフトボール日本代表・後藤希友投手(トヨタ自動車)が市役所を表敬訪問したこと。同市長は後藤から首にかけられた金メダルを手にとると、おもむろにマスクを外して「がぶり」。無神経ぶりに加え、新型コロナウイルスの感染対策上、大いに問題がある。

その場にいた報道関係者によると

「金メダルをかじろうとする“フリ”は過去にもあったが、本当にかじったのは河村市長が初めてではないか。現場では『カキン!』という金属音が聞こえたそうです」

という。

これに猛反発したのが、五輪メダリストたち。柔道男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿がSNSで《俺だったら泣く》と言えば、平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダリストの小平奈緒も

《私だったらその場で号泣して暫く立ち直れないかも…》

とツイート。名古屋市役所には県民を中心に4000件以上の苦情が殺到する事態となった。

それでもまだ余裕だった河村市長の顔色を一変させたのは、後藤の所属先であるトヨタ自動車が5日に「不適切かつあるまじき行為」と異例のコメントを発表したことだ。地元愛知の世界的大企業で、県政にも大きな影響を及ぼすとあって、河村市長は慌ててトヨタ本社に謝罪文書を持って行った。

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長にも詫びの電話を入れたという。

報道陣を通じて公に謝罪したのはそのあと。同日午後、スーツ姿の同市長は

「長年の努力の結晶である金メダルを汚す行為。心からおわびします」

と“棒読み謝罪”。この態度について元宮崎県知事の東国原英夫氏はツイッターで

《あの謝り方は一体何なんだ?全く反省の色が見えない。道徳的・同義的・資質的に如何なものか。辞任レベルである》

とブッタ斬った。

「腹の中では『なんで俺がこんなことで…』といった感じでしょう。あの人は昔からそうですからね」

とは河村市長を知る人物。問題の根底にあるのは、五輪組織委員会の森喜朗前会長と同じ「女性蔑視」だという。

一部スポーツ紙は、河村市長と面会中、男性職員がお茶を出したところ

「なんで男がお茶を出しているんだ。恥ずかしくないのか」

といった主旨の発言をしていたと報じた。

「それだけではありません。ほかにも市のセレモニーで歌唱した女性アーティストに対し『脚がきれい』とか『もっとスカート短くした方がいいよ』と言っていた。そのくせミーハーで、地元のスターである浅田真央さんとツーショット写真を撮ったり、芸能人を市のイベントに呼びたがる。

表敬訪問の本来の目的は活躍した人をねぎらうことなのに、あの人は自分が敬われるものだと勘違いしている。とにかく目立ちたがり屋でデリカシーがない人」(地元紙記者)

今回の騒動でも、河村市長はメダルかじり行為について一旦は「最大の愛情表現だった」と釈明。本気でそう思っていたのなら、ピントがズレている。

作家の乙武洋匡はツイッターで

《『主役は自分だ』という自己愛。そんな自分への『最大の愛情表現』》

と苦言を呈した。

組織委の森前会長は「女性がたくさん入ってる会議は時間がかかる」などと発言し、役職辞任に追い込まれた。河村市長に対しては、名古屋市議会の自民党、公明党、日本共産党の議員団と名古屋民主市会議員団の4会派が連名で責任追及の申し入れ書を提出している。

だが、市長本人は「辞める気はサラサラない」(関係者)というが、女性を中心にその評価を大きく下げたことは間違いない。

  • 写真アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事