小田急線で10人刺傷…36歳男「勝ち組殺したい」の恐ろしき真意 | FRIDAYデジタル

小田急線で10人刺傷…36歳男「勝ち組殺したい」の恐ろしき真意

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
8月7日、移送される対馬容疑者

「誰でもよかった」

「大量に人を殺したかった」

8月7日、警視庁成城署に逮捕された神奈川県川崎市多摩区在住の自称派遣社員・対馬悠介容疑者(36)は、取り調べに対しこう語っているという。逮捕容疑は、殺人未遂だ。

凄惨な事件が起きたのは、8月6日夜8時半ごろのこと。週末の小田急線新宿行き快速急行10両編成の車内は、パニック状態になった。

「早く、ドアを開けて!」

「助けて! 人が刺されてる」

車内に響く、悲痛な叫び声。東京・世田谷区内の成城学園と祖師ヶ谷大蔵間を走行中、6号車から電車に乗った対馬容疑者が、刃物で乗客を次々に刺し始めたのだ。対馬容疑者は、包丁(刃渡り約20cm)を振り回しながら先頭車両まで移動。背中や胸など7ヵ所を刺された20歳の女子学生が重傷になるなど、少なくとも20代〜50代の男女10人がケガを負った。

チャッカマンで無差別殺人を

対馬容疑者は、こうも供述しているという。

「大学時代にサークル活動で、女性から見下された。出会い系サイトで知り合った人ともうまくいかなかった。勝ち組の女性を殺したいと思うようになった」

走行中の事件で、現場は混乱を極める。

「400人ほどの乗客は、緊急停止した電車から線路に降りました。大半の人が歩いて祖師ヶ谷大蔵駅へ。対馬容疑者は、乗客が非常用コックで開けた9号車のドアから逃走しました。見つかったのは、事件発生から約1時間半後の午後10時過ぎのことです。現場から4kmほど離れた杉並区のコンビニに入り、店員にこう言ったとか。『今ニュース(緊急速報)で出ている事件の犯人です。逃げるのに疲れました』と。

店員はスグに110番通報。かけつけた警察官に対し、対馬容疑者は抵抗することもなく身柄を拘束されました。店内にいた客によると、対馬容疑者はTシャツにマスク姿で危険な雰囲気はまったくなかったそうです」(全国紙社会部記者)

警視庁は、さらに驚くべき発表をしている。対馬容疑者は刃物の柄が折れたため、サラダ油を車内にまきチャッカマンで火をつけようとしていたという。無差別殺人をはかっていた疑いもあるのだ。取り調べに対し対馬容疑者は「大量に殺したかった」と供述しているが、真意はなんだったのだろうか。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が推測する。

「対馬容疑者は、取り調べに対しシッカリした受け答えしている。現場から4km離れたコンビニで、自ら犯行を認めています。乗客に逃げ場のない電車の走行中を狙ったのにも、計画性を感じる。単なる通り魔的な犯行ではないでしょう。

証言からも考えられるとおり、周囲がバリバリ働いているのに、自分はやりがいのある仕事もできず悶々としていたのかもしれません。相談する相手も皆無だったのでしょう。最近はインターネットやSNSの隆盛で、人と直接会う機会が減ってしまった。さらに新型コロナウイルスの影響で、その傾向は加速しています。不満のハケ口を失った犯人の鬱屈が爆発し、今回の事件になったのかもしれません」

警察は、詳しい動機や事件前の対馬容疑者の行動について捜査を進めている。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事