韓国76歳俳優が39歳下女性に「中絶強要騒動」のトンデモ結末 | FRIDAYデジタル

韓国76歳俳優が39歳下女性に「中絶強要騒動」のトンデモ結末

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
中絶強要疑惑が浮上したキム氏。韓国では有名なベテラン俳優だ(画像:アフロ)

「女性はキム・ヨンゴン氏を妊娠中絶強要未遂の疑いで告訴した」

8月2日、ソウル・瑞草警察署の発表は韓国芸能界を震撼させた。キム・ヨンゴン氏とは、今年76歳になるベテラン俳優。名脇役として、数々の映画やドラマに出演している。

「デビューは67年にさかのぼります。『泥棒の妻』や『昔のクム・ジャンディ』など、多くの人気ドラマに出演。KBS演技大賞ベストカップル賞、MBC放送芸能大賞友情賞をはじめ獲得した賞も多数になります。97年に離婚していますが、2人の息子ハ・ジュンウ とチャ・ヒョヌも俳優として活動しているんです」(韓国芸能界に詳しいライター)

そのベテラン俳優が、女性から訴えられたというのだから穏やかではない。しかも容疑は、中絶強要未遂だ。

「告訴した女性Aさんは現在、キム氏より39歳も年下の37歳です。2人は、08年にドラマの打ち上げで知り合いました。当時キム氏は62歳、Aさんは23歳です。以来交際は13年におよびます。結婚はしていませんが、ずっと2人の関係は良好だったようです。

関係が悪化したのは、今年3月にAさんがキム氏に妊娠を告げてから。キム氏は出産に反対。A氏の代理人によると、妊娠中絶と養育費放棄の覚書を作るよう強要。脅迫や暴行などもあったそうです」(同前)

「現実的にムリ」

Aさんの告訴が公になると、キム氏はスグにコメントを発表した。

「内容は、次のようなものでした。〈妊娠の事実を知り、喜びより驚きと心配のほうが大きかった。未来を約束したり、計画するような状況でなかったからだ。私の年齢、養育能力、息子たちへのメンツ、社会の見る目など、考えるべきことが一度に押し寄せてきた。相手(Aさん)には私が置かれている状況と考えを伝えた。『子どもを産むことはできない。現実的にムリだ』と〉

当初は出産に反対していたキム氏ですが、心境が変わったともしています。〈メンツよりも子どもが大事だという当然の事実を自覚し、息子たちに妊娠の事実を知らせた。心配していたが、息子たちは新しい命を歓迎してくれた。応援を受け、『出産、子育てのために最善を尽くす』と、相手や代理人に複数回伝えた〉。ただ〈女性が心にキズを負ったなら残念〉としながら、暴行や脅迫については否定していました」(韓国紙記者)

Aさん側は、即座に反論する。「キム氏の話は俳優としてのメンツやイメージだけを重視したモノ」と、事実と違う主張したのだ。

「Aさんが告訴した最大の理由は、キム氏の言動に『大きな恐怖を感じたから』だそうです。暴行や脅迫の事実はあったと。代理人によると、場合によっては立証する証言録や録音記録を提出する用意をしていたとか。ネット上では『養育費を巻き上げるのが目的だろう』という書き込みもありますが、事実無根と否定。養育費を放棄する覚書を強要したのは、キム氏だと主張していました」(同前)

しかし8月12日、両者の争いは思わぬ結末を見る。Aさんが告訴を取り下げ、和解したのだ。

「直接会って話をし、誤解を解いたそうです。キム氏は、自身のこれまでの言動を謝罪。生まれてくる子どもを戸籍に載せ、出産や養育に関しても積極的に支援する姿勢を見せています。キム氏の息子たちにとって、40歳ほど年の離れたきょうだいができることになります」(同前)

すったもんだの末の円満解決。一時はキム氏への批判にあふれたネット上のコメントも、現在は祝福の声が大半だ。

  • 写真アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事