女性30人暴行疑惑の「中国系有名歌手」留学生が告白した性被害 | FRIDAYデジタル

女性30人暴行疑惑の「中国系有名歌手」留学生が告白した性被害

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
アジアだけでなく米国でも活躍するKRIS。被害女性の告発があとをたたない(画像:REX/アフロ)

耳を疑うような事態が、次々と明らかになっている。

『FRIDAYデジタル』がたびたび報じた、韓国男性グループ『EXO』の元メンバーKRIS(30、ウー・イーファン/クリス・ウー)による性的暴行疑惑だ。今年7月18日に中国版Twitter「Weibo(ウェイボー)」で、18歳の女性が告発文を掲載。被害にあった女性は30人以上にのぼり、未成年者も複数含まれているという。告発文では、次のように書かれていた。

〈KRISは、キャスティングの打ち合わせやファンミーティングを口実に女性を誘っています。たいがい夜遅くです。会うと酒を飲まされ、性的関係を強要される。避妊したことがなく、私や別の女性たちと約束した芸能活動の支援を一度も実行したことがありません。

性的関係を持つと、KRIS側から口止めのため50万元(約850万円)が数回に分け振り込まれました。いまは返金手続きを進めています。被害にあった女性は、未成年だけで7人を超える。私が最後の被害者であることを望み、正々堂々と戦いたい〉

KRISは、アジアを中心に活躍する有名歌手だ。騒動はたちまち大きくなる。

「KRISは中国系カナダ人で、俳優としても活躍しています。韓国の大手芸能事務所と契約し、12年4月に『EXO』のメンバーとしてデビュー。14年5月に所属事務所と専属契約について訴訟になると、中国に戻りました。東京・中国映画週間ゴールド・クレインで最優秀俳優賞を獲得するなど、アジアで注目されるアーティストの一人です。『Weibo』のフォロワーは5000万人を超えます」(アジアの芸能事情に詳しいライター)

共通する手口

告発文が出されると、KRISは即座に反論。自身のSNSで虚偽の告発であり〈問題のある行動をとったことはない〉と、法的手段も辞さない姿勢を示していた。だが中国公安当局は、7月31日までに強姦罪容疑でKRISを逮捕する。

8月10日、事態はさらなる展開を見せる。中国だけでなく、国外からも告発者が出たのだ。中国系メディア「Chinese in LA.com」は、ロサンゼルスに住む留学生Aさんが現地法律事務所に被害を相談していると報じている。

「被害を受けた当時、Aさんは未成年だったそうです。KRISのマネージャーが、パーティに参加しないかと招待。Aさんは酒を飲まされ泥酔しました。気づいた時には、KRISとともにベッドに寝ていたとか。KRISはパーティの様子を撮影されるのを恐れたのか、直前にスマートフォンを預けるよう強要されたともAさんは話しています。

相談を受けた弁護士は、こう憤っているそうです。『手口が中国での告発と同じだ。被害者は、他にもいる可能性がある。勇気を出して声をあげ、共同起訴に参加してほしい。Aさんの告発が事実で、事件当時18歳未満であったなら重罪になるだろう。米国の法律にのっとって損害賠償を請求することができる』と」(同前)

国内外から被害を訴えられているアジアのスター。中国だけでなく、米国でも重い量刑を科されることになるかもしれない。

  • 写真REX/アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事