「炎天下のなかでも顔色一つ変えない」門脇麦の存在感 | FRIDAYデジタル

「炎天下のなかでも顔色一つ変えない」門脇麦の存在感

目撃! ハリコミ24 〈聖蹟桜ヶ丘 11時45分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

朝から熱中症になりそうなほどの猛暑に襲われた8月上旬のある日。聖蹟桜ヶ丘(多摩市)の川沿いで、何かのロケが行われていた。朝8時過ぎに現場に現れたのは、女優の門脇麦(29)。傍(かたわ)らには、モデルで売り出し中の俳優でもある高橋文哉(20)の姿も見える。

炎天下での撮影を終え、私服に着替えて現場をあとにする門脇。送迎車に乗り込み、去っていった 撮影:近藤裕介

「この日行われていたのは、放送中のドラマ『うきわ—友達以上、不倫未満—』(テレビ東京系)のロケです。門脇は、夫に浮気される平凡なヒロイン、高橋は門脇のパート先のアルバイト店員の役。さらに、森山直太朗(45)が妻に浮気される夫を演じていることも話題になっています」(テレビ局関係者)

言葉を交わしながら川沿いを歩くシーンを撮影する二人。カメラが回っている間は、涼しげな表情に見える。しかし、カットがかかると一転、炎天下の撮影とあって、かなりしんどそうな様子でテントで休憩する。門脇は氷嚢(ひょうのう)を2個、手で持ちながら、自ら顔に当てたりしていた。悪天候に負けず、何とか撮影を乗り切ってほしいものだ。

本誌未掲載カット 門脇麦 炎天下、涼しげな表情でドラマ撮影に臨んで
本誌未掲載カット 門脇麦 炎天下、涼しげな表情でドラマ撮影に臨んで

「FRIDAY」2021年9月3日号より

  • 撮影近藤裕介

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事