中島健人&小芝風花「五輪会場の横で濃厚ラブシーン」を発見! | FRIDAYデジタル

中島健人&小芝風花「五輪会場の横で濃厚ラブシーン」を発見!

五輪会場のすぐ横で繰り広げられたもう一つの〝アツいドラマ〟

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
愛おしそうに互いを見つめる中島と小芝。抱き合ったり、キスするシーンも撮影。今後の展開が楽しみだ!

東京五輪が終盤戦を迎えた8月6日。競技会場が多く立ち並ぶ有明(江東区)で、もう一つの〝アツいドラマ〟が繰り広げられていた。撮影クルーの中心にいたのは、『Sexy Zone』の中島健人(27)と妖艶な赤いワンピースを身にまとった女優の小芝風花(24)だ。

放送中の人気ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)の撮影だったようだ。

「このドラマはイケメンの幼馴染(おさななじみ)と再会した〝残念女子〟が恋に落ちるというストーリー。原作は社会現象になった大人気韓国ドラマです。初回から4話までは視聴率が4〜5%と低迷しましたが、5話で小芝さん演じるヒロインが美女に大変身し、一気に話題となりました。ここには〝スケジュールの妙〟があった。

前半の不調は想定内でした。五輪中継が終わったころに、ヒロイン大変身という山場を作り、SNSやネット記事で話題をさらう。さらに見逃し配信で前半の不調と視聴者を取り戻すという戦略だったのです。現在は12%を超え、これからさらに視聴率を伸ばしていくと思います」(制作会社関係者)

冒頭の場面に戻ろう。この日の撮影はすれ違ってきた二人が想いに気づくシーンだったようだ。中島と小芝は見つめ合いながら会話し、抱き合い、そしてキスした――カットがかかると、スタッフが小芝と中島に歩み寄り、何やら話しかける。小芝は話を聞きながら、愛くるしい笑みを浮かべていた。キスシーンの緊張を感じさせないため、リラックスした雰囲気を主演の小芝自らが作っていたのかもしれない。

「視聴率の伸びを見ると、このドラマが小芝にとっての『出世作』となる可能性は非常に高い。これまでは子役から活躍していることもあって、どうしても〝少女感〟が抜けなかった。今作では初となる本格恋愛ドラマのヒロインを演じ、〝大人の女性〟へと垢(あか)抜けた印象を視聴者に与えています。

清純派女優のイメージを残したまま、濃厚なラブシーンが撮れたのは中島の好演も大きい。普段のアイドル活動を思わせる〝王子様〟キャラを嫌味なく演じ、ヒロインをこれまで以上に引き立たせています」(キー局プロデューサー)

今後の二人から目が離せない!

猛暑のなかでの撮影は3時間にもおよんだが、適度に涼をとりつつ、和やかな雰囲気で終了。今後の展開が楽しみだ
本誌未掲載カット 『彼女はキレイだった』中島健人&小芝風花 濃厚ラブシーンを発見撮!
本誌未掲載カット 『彼女はキレイだった』中島健人&小芝風花 濃厚ラブシーンを発見撮!
本誌未掲載カット 『彼女はキレイだった』中島健人&小芝風花 濃厚ラブシーンを発見撮!

『FRIDAY』2021年9月3日号より

  • 撮影島颯太

Photo Gallary5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事