中田翔の獲得対価で巨人から日ハムへ移籍しそうな「意外な選手」 | FRIDAYデジタル

中田翔の獲得対価で巨人から日ハムへ移籍しそうな「意外な選手」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
巨人へ溶け込んでいるように見える中田。8月22日のDeNA戦でナインから迎えられる(画像:共同通信社)

巨人への電撃移籍から10日余りーー。中田翔(32)や所属していた日本ハムへの批判や反論は、いまだにおさまっていない。

「中田が後輩投手に、ベンチ裏で暴力を振るったのは8月4日です。11日には球団から、1、2軍すべての試合で無期限出場停止処分を受けた。にもかかわらず20日には巨人へ移籍し、翌21日には試合に出ているんです。普通に考えれば、『処分はなんだったんだ』とツッコミたくなるでしょう。

日ハムの地元・北海道ではなく、東京で記者会見を開いたのもおかしい。謝罪すべきは巨人のファンに対してではなく、応援してくれ北海道の人たちのはずです。地元のファンを無視した形で、巨人への無償トレードが成立してしまったんですよ」(スポーツ紙担当記者)

日ハムの栗山英樹監督は、中田の才能を惜しみ親心から巨人の原辰徳監督へ直接電話。トップ会談で移籍が成立したという。もともと、日ハムと巨人はトレードが多く関係が深かった。女性タレントとの不倫問題で騒動になった二岡智宏や、巨人で開花できなかった大田泰示、矢野謙次などを日ハムは受け入れている。中田を引き受けることで、巨人がその恩に報いたという見方もある。

「中田は暴力事件という、許されざる問題を起こした選手です。日ハムとしては、いくら長年4番を務めた打者とはいえ扱いに困っていたのは事実でしょう。その窮状を救ったのが巨人。以前の借りを返すために中田を受け入れたと考えると『うま味』がないように思いますが、巨人としてもプラス要素が大きいんですよ。

今季こそ中田は打率1割台と苦しんでいますが、打点王を3回獲得し、昨年は自己最多の31本塁打を記録した有能な選手です。本来の調子をとり戻せば、巨人の主軸を担える力は十分ある。原監督は大人しいチームの雰囲気を刷新するために、以前から『聖域なきトレード』を標榜していました。ヤンチャな性格の中田は、チームを活性化させるかもしれません」(巨人球団関係者)

同じような苦境に立つ選手

無償で獲得した中田が奮起すれば、巨人としては儲けモノ。一方の日ハムは、中田が活躍すれば対価を求める可能性もある。その対象として、ある選手が注目されているのだ。

「捕手の小林誠司です。リードは一流ですが、今季はケガの影響もあり1軍と2軍を行ったり来たり。課題の打撃は、打撃1割台と向上の兆しが見えません。

さらに小林の立場を悪くしているのが、ライバル・大城卓三の活躍です。大城は自身初の2ケタ本塁打を記録。守備面でも盗塁阻止率はリーグ1位で、4割を大きく超えています。東海大相模高から東海大という経歴は原監督と同じで、指揮官のお気に入りでもある。小林は大城の後塵をはいし、『守備固め』『2番手捕手』という立場に甘んじているんです」(同前)

巨人にいては、小林の才能は発揮できず「宝の持ち腐れ」になりかねない。トラブルを起こしたワケではないが、日ハム時代の中田と似たように苦境にあるのだ。

能力がありながら、小林に活躍の場がないーー。日ハムが獲得に名乗りでても、おかしくはないだろう。日ハムは捕手として清水優心や石川亮ら若手を起用しているが、レギュラーを固めるまでにいたっていない。小林は32歳と経験豊富で、彼らのお手本となりうる。リードにも定評があり、ぜひ欲しい選手といえる。

「日ハムは、23年のシーズンから本拠地を移転します。現在はリーグ最下位と低迷していますが、新しい球場では『新生ファイターズ』を印象づけたいでしょう。そのためには、現状戦力の底上げだけでは心もとない。小林には『巨人ブランド』があるうえイケメンと、スター選手になれる要素があります。補強するには、うってつけの選手です。せっかく中田翔のトレードで巨人とのパイプが強くなったんですから、利用しない手はないでしょう」(前出・記者)

中田の対価に小林を獲得ーー。両球団がウィンウィンになると結論づければ、十分ありうる話だろう。

  • 写真共同通信社

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事