同級生が明かす「硫酸男」の残酷すぎるイジメっ子時代 | FRIDAYデジタル

同級生が明かす「硫酸男」の残酷すぎるイジメっ子時代

身勝手すぎる復讐劇の原点 「気に入らない奴にはナメクジや牛の糞を食べさせていた」 「生きたバッタを鉛筆削りに詰めたことも」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
8月28日、警視庁・高輪署へ移送された花森容疑者。容疑について「いまは話したくない」と供述したという

「事件の報道を見て、すぐに『花森くんだ!』と気づき、驚きました。彼のことをなぜ覚えていたかというと、花森くんは学校内で悪名高いイジメっ子だったんです。コソコソと気に食わない子を執拗にイジメていた。その子に毛虫やナメクジを無理やり食べさせていたこともありました」

そう語るのは花森弘卓(ひろたか)容疑者(25)の小学校時代を知る人物だ。花森容疑者は8月28日、東京メトロ・白金高輪駅で知人男性の顔に硫酸をかけたとして、傷害の疑いで警視庁に逮捕された。

「花森容疑者は24日、赤坂(港区)にある不動産会社に勤務する琉球大学時代の後輩・Aさんの後をつけ、犯行に及んだ。Aさんは顔から胸部にかけて皮膚がただれるなど全治半年のヤケドを負いました。失明は免れたが、角膜にもヤケドを負い、2ヵ月の入院をする予定です。犯行翌日、花森容疑者は沖縄県に向かった。28日、潜伏先近くにある中城(なかぐすく)村の公園にいた花森容疑者を沖縄県警が確保しました」(全国紙社会部記者)

花森容疑者とAさんは大学で『琉大映画研究会』に所属。花森容疑者はAさんより2歳年上だった。Aさんは今年7月に都内の路上で花森容疑者に会い、大学時代にタメ口で名前を呼ばれたなどと、恨み節のようなことを言われたという。その後、事件が起こるまで何度も花森容疑者に付きまとわれた。

高校の卒業アルバム。高校では1年留年し、大学受験でも1年浪人した(Twitterより)

花森容疑者は静岡県静岡市出身。地元で有名な整体師だった父と中国人で医療従事者の母がいた。暮らしは裕福だったが、周囲から距離を置かれていたという。小学校時代の同級生はこう振り返る。

「父親は仕事が忙しくて、あまり交流がなかったのか、お母さんにベッタリでよく甘えていました。勉強は得意でしたが、運動は苦手で、運動会などの学校行事にはあまり参加していませんでした。クラスの中で浮いていて、いつも一人だった。クラスの皆が作った展示物を片っ端から壊したり、生きたバッタをクラス共用の鉛筆削りに詰めたりすることもありました。すぐにカッとなる性格でしたし、不気味がられていました」

そして、冒頭のように同級生に執拗なイジメを行っていた。花森容疑者の同級生の母親が話す。

「花森くんのイジメは保護者会でもかなり問題になっていて、その内容は目を背けたくなるものでした。標的にした子に石を投げつけたり、殴打したりなどの暴力だけではなく、虫や牛の糞を食べさせていたという話までありました。イジメた相手の弱みを握り、『バラしたら殺すぞ』などと精神的にも追い詰めていたそうです」

花森容疑者は小学校を卒業し、地元の中学校、私立高校に進学すると、さらに孤立していったという。大学で環境を変え、そこでAさんと出会ったのだ。

「タメ口をきいた」という理解できない理由で犯行に及んだ花森容疑者。さらにAさん以外にも標的がいた可能性が高い。犯行前、花森容疑者は卒業生名簿を手に入れるため、琉球大学を訪ねていた。4月には同じサークルだった別の知人にも接触し、恨み節の言葉とともに犯行をほのめかしていたというのだ。

「取り調べに対し、花森容疑者は認否を留保しつつも、いまもAさんへの恨みをにじませているなど、過度な執着を見せています。今後、刑事責任能力の有無を調べる鑑定留置にかけられるでしょう」(『警視庁科学捜査最前線』などの著書があるジャーナリスト・今井良氏)

一方的な恨みで凶行に及んだ花森容疑者。あまりに身勝手と言わざるを得ない。

犯行直後の白金高輪駅。Aさんが同僚と別れたタイミングを狙い、顔に硫酸をかけた
8月30日に送検された花森容疑者
8月28日に沖縄から東京へ移送された花森容疑者。身柄確保時60万円近いカネを所持していた
8月28日に沖縄から東京へ移送された花森容疑者
8月30日に送検された花森容疑者

『FRIDAY』2021年9月17日号より

  • 撮影蓮尾真司写真朝日新聞社

Photo Gallary7

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事