高3女子を小屋で殺害し遺棄か…「黒い夫婦」のヤバイ素顔 | FRIDAYデジタル

高3女子を小屋で殺害し遺棄か…「黒い夫婦」のヤバイ素顔

小森章平容疑者(27)&和美容疑者(28) 群馬・東京・山梨・長野と舞台は転々 夫が女子高生と連絡を取り合っていることに嫉妬

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
送検される小森章平容疑者。アウトドアが趣味で、遺体遺棄現場の近くにあるキャンプ場にもよく行っていたという

「8月31日、山梨県内の物置小屋で遺体が発見されました。服装は行方不明になったときと同じセーター姿のまま。遺体の画像を都内で家族に確認してもらい、本人だと判明しました」(全国紙記者)

変わり果てた姿で発見されたのは、東京都内の私立高校に通う鷲野花夏(わしのかな)さん(18)。警視庁は死体遺棄容疑で小森章平容疑者(27)と妻の和美(いずみ)容疑者(28)を逮捕した。前出の記者が続ける。

「8月28日、自宅に花夏さんが帰ってこないことを心配した家族が110番通報し、警視庁が捜索していました。30日の午後7時すぎ、花夏さんが乗り込んだとみられる車を長野県内で発見。そこに二人が乗っていたのです。確保の際、暴れたりなどはしなかったようです」

二人は「小屋の中で(花夏さんを)殺した」という趣旨の供述を始めている。花夏さんは大学受験を控え、勉強に励んでいたという。子どもを花夏さんと同じ学習塾に通わせている保護者が語る。

「文系の大学志望で、ウチの子どもに『数学が苦手なんだ』と話していたそうです。私服も派手ではなく、大人しくていい子だったと聞いています」

和美容疑者に対する近隣住民の評判は「口数が少なく、大人しい」「少し変わった人という印象」などだった

一方、夫婦が住んでいたのは群馬県渋川市。元々は和美容疑者が元夫と暮らしていたが、今年7月、一時離れていた和美容疑者が小森容疑者を連れて戻ってきたという。近隣住民が話す。

「10日ほど前、近所のミニストップで働いている彼女(和美容疑者)を見かけました。胸に『ゆでたまご』というネームプレートをつけていたので、私が『そういう名前なの?』と聞くと、『本当の名前じゃないんです。ニックネームなんです』と笑っていました。普段の接客は決して愛想がいいわけではないのですが、そのときだけは笑顔で話していましたね」

この数日後、犯行に及んだのだろう。

三重県出身の小森容疑者は、一時は溶接関係の仕事などをしていたようだが、最近は働いていなかった。花夏さんとは2年ほど前からSNSを通じて連絡を取り合っており、それに気づいた和美容疑者が嫉妬したことが事件の発端だという。

「どちらが犯行で主導的な役割を果たしたかなど、供述の食い違いがある。不明な点も多く、当局はまだ二人が隠匿(いんとく)している事実があると見て、捜査を進めています」(前出・記者)

4都県を舞台に繰り広げられた今回の事件。しばらく幕は下りそうにない。

『FRIDAY』2021年9月17日号より

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事