草彅剛「庶民派スーパー」に立ち寄り新妻の待つ新居へ | FRIDAYデジタル

草彅剛「庶民派スーパー」に立ち寄り新妻の待つ新居へ

ニュースの現場 FRIDAY 目撃! ハリコミ24 〈都内 19時50分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
帰り道、スーパーに寄って、食材を購入した草彅。新居では、もちろん新妻が待っているのだろう

連日熱戦が繰り広げられた「東京2020パラリンピック」のアンバサダーを務めた草彅(くさなぎ)剛(47)。8月下旬のある日、彼の姿は、都内の閑静な住宅街にある庶民派スーパーにあった。

さすがファッショニスタとして知られる草彅。この暑さだというのに、長袖のジャケットにストールという季節を先取りしたコーディネートでキメている。買い物も季節先取りなのか、焼き芋コーナーに目を留めた草彅は、ホカホカの芋を1本手に取る。

さらに、フルーツなどを次々にカゴに投入し、レジへ。しかし、突如「あ、忘れた!」と声を上げると、列を離れ売り場に戻る。周囲に響き渡る大きさの声だったが、どうやらひとり言だったようだ。

昨年末、一般人女性と電撃結婚を果たした草彅。新婚生活を送るのは、土地と建物合わせて20億円ともいわれる大豪邸だ。

買い物を終えると、草彅はその豪邸へ真っ直(す)ぐ帰宅。きっと夫婦で仲良く焼き芋を頬張(ほおば)る穏やかな日々を送っているのだろう。

『FRIDAY』2021年9月17日号より

  • 撮影等々力純生

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事