ワクチン派ひろゆき氏と反対の高岡蒼佑氏…コロナ禍での対立構造 | FRIDAYデジタル

ワクチン派ひろゆき氏と反対の高岡蒼佑氏…コロナ禍での対立構造

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ワクチン推進派の一人として有名な「ひろゆき」こと西村博之氏

「頭の悪い人が死んでしまうのは当然だよねと捉えられるかもしれないですけど」

「適切な判断、正しい判断ができない人がどんどん減っていくっていう自然淘汰」

匿名掲示板「2ちゃんねる」の創設者で“ひろゆき”こと西村博之氏が反ワクチン派に対し一刀両断する発言をした。

ひろゆき氏は、8月末に配信された自身のユーチューブで

「ワクチンの予約がとれるにもかかわらず、いまだに打っていなくて、それでも“コロナを気にしない”と言っている人が分からない」

と話した。

ワクチンを接種した人の中で、具合が悪くなったり副反応がある人はいるが、ワクチンそのものが原因で亡くなった人はいないと説明。3月以降、大阪では新型コロナに感染して亡くなったのはワクチンを接種していない人のみ(当時)だと話した。

異物が混入したことについては

「工場の製造工程が悪かっただけで、ワクチンそのものが悪いわけではない」

「そこを切り分けられない人がいる。それを言うならお前ら餅食うなよ」

と、高齢者などが餅を喉に詰まらせ年間で約300人が亡くなっていることをあげ、ワクチンより危険だと比較した。

最近でいえば、俳優の千葉真一さん、落語家の三遊亭多歌介さんはワクチンを接種しないという選択をしており、その上でコロナに感染し亡くなってしまったのだ。

そしてひろゆき氏は海外でブラックユーモアとして知られる「ダーウィン賞」を取り上げた。ダーウィン賞とは愚かな行為により死亡する人に贈られる賞…という強烈な皮肉だ。

「最近ワクチンを打たないで死ぬ人たちって、ちょこちょこいるんですよ。“俺ワクチン打たないぜ”って言って結果としてコロナが重篤化して死にましたと。適切な判断、正しい判断ができない人がどんどん減っていくっていう。

自然淘汰が2000年を超えても未だに行われているということ。言葉を間違えて言い方を間違えると、“頭の悪い人が死んでしまうのは当然だよね”と捉えられるかもしれないですけど」

と反ワクチン派を揶揄した。

「反ワクチン派は世の中にたくさんいる。その人たちによる眉唾物のデマも非常に多いのは事実。反ワクチン派は『ワクチン推進派こそが世の中を騙している』と信じているんです。一度信じ切ってしまうと、お互いが理解しあうことは難しいのではないでしょうか」(全国紙記者)

一方、元俳優の高岡蒼佑氏は「反ワクチン派」として最近有名になっている1人だ。

自身のインスタグラムのプロフィールには《#コロナは茶番 #TVは真実こそ報道しない》と書かれている。ストーリーでは“ワクチンを打ってしまった”という一般ユーザーに対し

《遅くないです 解毒していきましょう ビタミンCを摂りニンニクも有効 血栓を溶かしましょう 意識的に亜鉛も摂り入れましょう みんなで生き残るんです》

とアドバイスを送っている。しかし同じ画面にはインスタグラムの運営側から

《ワクチンに関するリソースについては、新型コロナウイルス感染症情報センターをご覧ください》

という注意書きが表示されている。

推進派と反対派が分かれてしまうワクチン接種問題。それは、芸能界や言論界でも同様のようだ。なかには持病や体質的にワクチンを打てない人もいるかもしれないので、一概に「良し悪し」を断定できないところに、判断の分かれ目が生じてしまう。とはいえ、SNSなどで拡散される意見をそのまま鵜呑みにするのだけは、やめた方がいいかもしれない――。

 

  • 写真アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事