眞子さま「マンション住まい→渡米婚」のウラに“小室家との壁” | FRIDAYデジタル

眞子さま「マンション住まい→渡米婚」のウラに“小室家との壁”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
眞子さまがいったんマンションへお移りになられるのは、秋篠宮家が小室家を拒絶したためか…

秋篠宮家妃紀子さまが55歳の誕生日を迎えられた9月11日、文書で長女・眞子さまについて言及した。

小室圭さんとの年内結婚が報じられるなか、紀子さまは

「親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねています」

とした上で

「意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したい」

と述べられた。皇室担当記者が明かす。

「幹事社が宮内庁を通じて事前に質問状を送り、それに対して紀子さまがお答えするというやりとりでした。印象的だったのは『小室圭』というワードが一切なかったこと。眞子さまとの結婚についてもコメントは控えられました」

異常事態は連続している。眞子さまは一般の結納に当たる「納采の儀」を見送り、皇籍を離脱。1億円以上の一時金は辞退、もしくは、全額寄付する考えという。これらは皇室の歴史においても初めてのことだ。

さらに10月入籍後、眞子さまは東京・元赤坂の赤坂御用地にある宮邸を離れ、一時的に都内のマンションなどに滞在し、その後小室さんのいる米国へ旅立つ計画を立てている。眞子さまのマンション住まいは驚きで、ネット上では「どこのマンション?」「家賃は誰が払うの?」「警備大変そう」など、さまざまな意見が寄せられている。

「眞子さまが一旦マンションに移る理由は明白で、宮邸から小室さんの元に直接は嫁がせない…という強い意志表示なのだと思います。宮邸から小室さんの元にダイレクトに行けば、『皇室出身者が嫁入りした』という風に映ってしまう。

それを避けるべく、皇籍離脱後、一旦マンション住まいをさせ、“一般人”になった上で小室家に嫁がせるということでしょう。裏を返せば結婚後、秋篠宮家は小室家と『一切関わりを持つ気がないんだな』というように見受けられます」(皇室ジャーナリスト)

旧皇族出身で政治評論家の竹田恒泰氏は今月上旬、ニコ生特番を行い、その中で結婚報道に言及。

「納采の儀をしないということはKK(小室さん)を家族として認めないということ。秋篠宮殿下は天皇陛下に火の粉をかけるわけにはいかないと線引きをした」

と推察。英国のハリー王子とメーガン妃の例を引き合いに出し

「エリザベス女王はメーガンを出禁にして切った。それによって火の粉が王室全体にかかるのを防いだ。秋篠宮殿下もそれをやった。『認めないからね』とバチンと切った」

と持論を展開した。

10月入籍についても、本人たちが望む一方で、宮内庁も「なるべく早く」と容認している。一連の“小室問題”を早く片付けたい気持ちもあるにはあるだろうが、念頭に置くのは天皇皇后両陛下の長女・愛子さまのお誕生日だ。12月1日に愛子さまは20歳を迎え、成人皇族としてますますの活躍が求められることになる。

「大変おめでたい日。言い方は悪いですが、それまでに縁起の悪い“小室問題”に区切りをつけたいのです。本来ならば、眞子さまクラスのご結婚ならば年単位で準備するのが当たり前ですが、今回はイレギュラーなため、異例の超スピード処理をされています。『何としても愛子さまの誕生日までに…』ということなのでしょう」(全国紙記者)

一部報道では、過密スケジュールで入籍日が11月に変更になる可能性も取り沙汰されているが、それでも

「愛子さまの誕生日までには間に合わせるはずです」(同・全国紙記者)

との見方も。12月1日を契機に、明るい皇室の未来を築き上げていこうということなのかもしれない。裏を返せば、眞子さまと小室さんの結婚は早々と皇室の「触れづらい歴史」に認定されてしまったようだ――。

  • PHOTO船元 康子

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事