紀子さまの誕生日文書からにじむ「眞子さまへの複雑すぎる想い」 | FRIDAYデジタル

紀子さまの誕生日文書からにじむ「眞子さまへの複雑すぎる想い」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
55歳の誕生日を迎えた紀子さま

9月11日、55歳の誕生日を迎えられた秋篠宮妃の紀子さま。誕生日にあたり、宮内記者会からの質問に文書で回答を寄せられた。

「質問は3つで3番目が眞子さまと小室圭さんとの結婚に関するものでした。これは去年と変わらぬ体裁でしたが、今年は9月に入ってから、お二人が『年内に結婚へ』『10月にも入籍して渡米』というニュースが出たので、注目されていた方も少なくなかったのではないでしょうか」(全国紙皇室担当記者)

「小室文書」など、一連の対応をどう受け止められているかなどについての回答は、以下の通りだった。

〈長女の結婚については、親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねております。こうした中、共感できることもあれば、意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したいと思っております。一連の対応についての受け止めや、今後の見通し、(親子間で)話したことの内容などをお伝えすることは控えさせていただきます。〉

「内容としては去年とほとんど同じものでした。それだけに、何とも素っ気ない文章に感じた方も多いのではないでしょうか。紀子さまは小室さんの母・佳代さんとの折り合いが良くないから、結婚にはやはり反対のお気持ちが強いのではと指摘する声も宮内庁内部ではありました。実際にそういうところがないわけではないのですが、それはほんの一部分でしかありません」(宮内庁関係者)

回答は紀子さまが主として作られ、それを宮内庁側が整える流れになっているという。

「母親として娘の幸せ、そして結婚を望んでいるという当然のことを踏まえたうえで、秋篠宮さまなどが折に触れてお話しになってきた『国民が祝福する環境が整っていない』ことへの懸念を表明されているように感じ取れました。国民から『眞子さまは公私でいう私の部分をあまりにも前面に出されすぎている』などといった批判を意識されているのでしょう」(同前)

今回の紀子さまの回答をめぐっては、宮内庁側はこれまで以上に神経質にならざるを得なかったという。

「眞子さまが『とにかく(小室さんに)会いたい』という一心から、かなりナーバスな状況になられていて、『一刻も早く結婚を発表したい』という気持ちがおありでした。そうこうしているうちに9月1日に『結婚へ』というニュースが報じられたわけです。当然、紀子さまの回答の中で、そのことについて具体的に言及することも想定されたのですが、調整がなかなか難しく、結果として断念したということです」(秋篠宮家の事情を知る関係者)

それはどういうことなのか?

「式はどうするのか、いつ皇籍離脱するのか、NYへ向かう準備はどうなっているのか、現地での生活は、SPは……といったことが何も固まっていないということでした。言うまでもなく、現地で何かあったら大ごとなので、主として警察庁や外務省が連携することになります。年内に入籍・渡米ということなら彼らとしては一刻も早く準備に入りたいのに、なかなかそれが進まないとボヤいている関係者が少なくないということでした」(同前)

そういう状況では紀子さまの回答に盛り込むどころか、正式に宮内庁から結婚について発表することはできない。実際、そうなっていないのが何よりの証拠なのだろう。

紀子さまとしては、去年10月に発表された眞子さまの文書や今年4月の『小室文書』について国民からの評価が芳しくない中で、しかも段取りがほとんど整っていないまま結婚を急ぐのは適当ではないという思いがおありなのでしょう。それを今回の誕生日に際しての文書で示された印象がありますね」(先の宮内庁関係者)

母が娘の結婚を心から祝福できる日は来るのだろうか。

  • PHOTOAFLO

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事