ビートたけしを襲撃したつるはし男の「ヤバすぎる私生活」 | FRIDAYデジタル

ビートたけしを襲撃したつるはし男の「ヤバすぎる私生活」

知人が証言 ロールスロイスのフロントガラスに穴を開けた容疑者の40代無職男性は、今年5月に脱会したばかりの住吉会三次団体の元幹部だった

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’20年7月、送迎車のベンツに乗り込むたけし。襲撃時は大統領車並みの頑強なロールスロイスに乗っていた(撮影:足立百合)

「アイツは組の中でも浮いた存在でした。シャブ中で何度も刑務所に入っていたはず。まともにシャバにいたのはここ2〜3年だけで、最近も覚せい剤はやめてなかったのかもしれません。些細なことでキレたり、若い衆につっかかったりしてました。家にこもって出てこないときは、またシャブをやったんじゃないか、と上からも煙たがられていましたね」

9月4日、警視庁は『TBS』(港区)の敷地内で40代後半の男性Yを銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。Yは今年5月まで指定暴力団『住吉会』系三次団体幹部を務めていた。冒頭はYの知人の証言だ。全国紙社会部記者が語る。

「生放送後のビートたけしさん(74)がロールスロイスに乗り込んだところをYがつるはしで襲い、フロントガラスの一部を割っています。刃渡り10㎝の小刀を所持しており、現行犯逮捕に至った。取り調べには今年6月下旬に『弟子入り志願を無視された』と供述。警視庁は一方的な怨恨(えんこん)による犯行だったと見ています」

Yは組を脱会するとき、「芸能界の仕事に就(つ)きたいからカタギになる」と話したという。前出の知人が言う。

「真に受けた人間はいなかったですよ。見た目もスキンヘッドのヒゲ面で背も小さかったですしね。それにたけしさんのファンだという話も一切してなかった。普段から突拍子もない言動ばかりでした。突然、事務所の前でテレビを水洗いしたり、『TikTok』を見ているときに『ライブ配信者が画面の向こうからオレを監視している』と話したこともありました。襲撃したときに持っていた小刀は『ライブ配信者から身を守るためだ』と言って、持ち歩いていたモノです」

たけしにはとんだ災難だっただろう。

Yの送検のため赤坂署へと入る護送車。損害を受けたロールスロイスは同署地下駐車場に保管されているという(撮影:蓮尾真司)
今年5月20日、Yは組に受理された脱会届を千葉県警・柏署に提出した。直筆署名とともに拇印が捺されている
白いベンツに乗り込むたけし。今回の事件とは別の車だ。昨年7月撮影
番組収録を終え停めてあったロールスロイスに向かうたけし。19年12月撮影
こちらはまた別の日に車に乗り込むたけし

『FRIDAY』2021年9月24日号より

  • 撮影足立百合(ビートたけし) 蓮尾真司(送検)

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事