ドル箱だったサッカー日本代表戦「視聴率低迷」が止まらない背景 | FRIDAYデジタル

ドル箱だったサッカー日本代表戦「視聴率低迷」が止まらない背景

サッカー日本代表が地上波のTV放送から消える日が迫っている…

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
W杯最終予選の大事な初戦・オマーン戦に敗れ、肩を落として引き上げる日本代表。結果以上に、視聴率の数字も関係者にショックを与えた(写真:アフロ)

サッカー日本代表が、その足元から大きく揺らいでいる。

4年に一度、国民的行事のような盛り上がりを見せてきたワールドカップ(W杯)アジア最終予選のホーム開幕戦(9月2日・対オマーン)の世帯視聴率が13.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)に終わった。

サッカー代表戦のTV放映権は「視聴者を確実に獲得できるコンテンツ」と、NHKも乗り出してきて民放各社による激しい争奪戦を繰り広げてきた。

W杯初出場を決めたジョホールバルの歓喜(1997年11月16日)での44.7%を皮切りに高視聴率を連発してきたが、今やその右肩下がりに歯止めがかからない。来年のカタールW杯に向けて、9月2日に始まったW杯最終予選からアウェー(敵地)戦はついに地上波放送が完全消滅してDAZN(配信)のみ。現状では、サッカー日本代表の「オワコン」化が急速に進んでいるといわざるをえない。

視聴者層の中心は50代男性 10代&30代は極端に低かった

数字は決して嘘をつかない―。13.1%というTV視聴率は、実力的には格下のオマーンに初めて敗退したことに匹敵する驚愕の数字だった。

「日本代表は今、W杯に出場して当たり前と思われている。でもそうではないことがオマーン戦でわかっていただけた。コロナ禍が続く中、今後もTVでも是非応援していただきたい」

日本サッカー協会の田嶋幸三会長(63)が試合翌日にTV応援を求めるコメントをしたことに苦しい胸の内が見え隠れする。

わかりやすい比較がある。ハリルジャパンも前回のW杯最終予選のホーム開幕戦(2016年9月1日・対UAE)で敗退、その時の視聴率は17.2%だった。かつてサッカー代表戦は20%どころか、30%を超える視聴率を叩き出した。それでも「ゴールデンタイムでは世帯視聴率が15%取れたら、その番組はコンテンツとして合格です。次もある。サッカー日本代表が、それも4年に1度のW杯最終予選の開幕戦で『15』を切ったということは、我々にとっても驚きの数字でした」(民放スポーツ担当ディレクター)

本誌はオマーン戦当日の「視聴率日報」を入手。たしかに当日の視聴率トップ10ではサッカー日本代表が堂々の1位、世帯別でもNHK朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」(当日の世帯視聴率16.1%)に次ぐ2位(13.1%)だが、3位の報道ステーション(同12.8%)と僅差。オマーン戦の地上波放送をしたテレビ朝日にとっては2、3位を独占、5位にも木曜ドラマ「緊急取調室」(同12.4%)が入っている。世帯別ベスト10では4番組がテレビ朝日とあって、この日は民放の中では一人勝ちの日であったようにも見える。

しかし、オマーン戦の視聴者層がわかる「毎分表」を別途入手し、その数字をみると愕然とする。

毎分表には、9月2日にテレビ朝日で放送された午後7時10分頃から試合終了までの1分ごとの視聴率が、年代別、男女別に分けて数値としてはじき出されている。そのデータによると男女ともに50代以降だけがダントツで高い。13.1%というオマーン戦の世帯別視聴率を支えているのが50代以上の男性ということもわかった。

対照的に、男女ともに10代や30代が、試合時間帯に一度も二桁にならなかった。極端に低かったのだ。どの民放局もコロナ禍でのCM出稿量の落ち込みから『コア層=購買層』と呼ばれる13歳から49歳の男女視聴率を重視して意識する番組作りに方向転換中だが、「サッカー日本代表はコア層では見られていない、これは致命的です」(別の民放ディレクター)

サッカー日本代表戦におけるW杯アジア最終予選のTV放映権は全てアジアサッカー連盟(AFC)の収入になる。これも大きな足かせだ。今年からAFCはスイスと中国の合弁会社「DDMCフォルス」と8年総額推定20億ドル(約2100億円)の契約を結んだ。同社が窓口となりアジア最終予選の放映権を販売した。1年あたり262.5億円になるが、それも史上最高額だった。

購入する側に回る日本協会では、欧州や南米の強豪国のように「W杯最終予選の放映権料こそホームチームの権利だ」と長年主張している。しかしAFCサイドから「日本は自分の協会だけが儲かればいいのか」とその主張を撥ね付けられ続けた。結果的に今回支払っている放映権料は「1試合で3億円以上」と言われ、これはプロ野球巨人軍が高視聴率を叩き出していた時代の放映権料、1億円(推定)の3倍以上だ。

8月6日、東京五輪3位決定戦でメキシコに敗れ、53年ぶりのメダルを逃した瞬間。久保建英は珍しく大泣きしたが、この試合の平均視聴率が13.2%。3日前の準決勝・スペイン戦が30.8%を記録しており、すでに「下り坂」がはじまっていた(写真:アフロ)

地上波とDAZNが「手を組む」理由

今回の最終予選では、ホームは地上波で見られるが、アウェー戦はDAZNによる配信だけになった。2017年にJリーグが旗振り役となって始まったスポーツ中継の配信を視聴するためには月額1925円(税込)がかかる。

「代表戦はどの世代の方にも見られる、地上波の生中継にこだわりたかった。我々の力のなさ、申し訳なく思っている」(日本協会・田嶋会長)

TV各局と DAZNの両者がホーム・アウェー戦の見せ方でそれぞれしのぎを削っているのかと思えば、実は手を握っているところもあるという。アウェーの試合映像は DAZNが権利を持つ。通常ならそのニュースやスポーツ報道などの映像は各TV局へ販売ができる。その方法はライツホルダーとしてDAZNが主導権を握る。

「大会のランクによって一概には言えませんが、一番組3分間で10万円くらいが相場、ニュースやスポーツでは使えてもワイドショーなどでは使えませんという、NGの大会もあります」(前出の民放ディレクター)

ところが今回の最終予選では、TV局が依頼する映像を無料で提供することが決まった。

「異例のことです。はじめはDAZNさんも『映像は有料で』という話でした。通信費は各TV局の負担になるのですが、それもこれも日本代表戦を盛り上げるためです」(同)

まずはより多くの人に関心を持ってもらわないと、アウェー戦の視聴にも繋がらない――そんなDAZNサイドの危機感もうかがえる。

サッカーW杯最終予選における地上波生中継は、代表人気の価値を測るものだ。視聴率も取れないし、話題にもならない「サッカー日本代表の低迷」は、これまで日本スポーツ界で収益を上げるための「参考書」にしていた他競技団体にとっても方向転換を迫られる。サッカー日本代表を手本にしていては、収益が上がらなくなるかもしれない。これは他競技に向けた負の連鎖の始まり…ともいえる。

過去最高視聴率44.7%を記録した1997年11月16日、日本代表-イラン戦。日本が初めてW杯出場を決めたときの熱気を取り戻せるだろうか(写真:アフロ)

サッカー日本代表が憎らしいほど強ければまだ光が見える。ベテランDF長友佑都(FC東京)は予選開幕前に「カタールW杯では、ベスト8を目指す。ならば最終予選は圧勝しなければいけない」と言い切っていたほど。森保ジャパンの2戦終えての結果はまさに正反対で進んでいる。

負けられない中国戦でも1―0(日本時間8日午前0時開始)で辛勝。その2日後に行われた9月10日の日本サッカー協会100周年記念式典では「あれだけ(1−0)だったら見ない方が良かった」(元日本代表FW釜本邦茂氏)、「森保(監督)とはよく話すが、いろんなプレッシャーの中でその力を出せるか、どうか」(FC今治・岡田武史会長)と、大御所たちからも森保ジャパンに対する不安の声しか聞こえてこない。

日本中を熱狂に渦に巻き込んだ、サッカー日本代表のW杯アジア最終予選の驚異的なコンテンツ力は今や昔の出来事に。ヤキモキする場面を打破するためには、圧倒的な強さを見せて7大会連続となる本大会出場を果たすしか道はないのか…。

【2021年9月2日 関東地区世帯別視聴率 トップ10】(ビデオリサーチ調べ)
① 16.5% NHK  連続テレビ小説『おかえりモネ』
② 13.1% テレビ朝日  2022FIFAワールドカップアジア最終予選
③ 12.8% テレビ朝日  報道ステーション
④ 12.5% TBS  プレバト!
⑤ 12.4% テレビ朝日  木曜ドラマ「緊急取調室」、NHK  ニュース7
⑦ 11.5% 日本テレビ news every「第3部」、テレビ朝日 羽鳥慎一モーニングショー
⑨ 10.0% NHK   ニュースおはよう日本
⑩  9.9% テレビ東京  最強衝撃映像146連発

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事