激ヤセに髪型変更…金正恩「影武者説」検証でわかった禁断の事実 | FRIDAYデジタル

激ヤセに髪型変更…金正恩「影武者説」検証でわかった禁断の事実

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
9月9日の閲兵式に出席した金正恩氏。建国者で祖父の金日成氏に似せたメイクが印象的。右眉上に深いシワが光る(画像:KNS/KCNA/AFP/アフロ)

閲兵式の金正恩は本物ではないのではーー。

こんな憶測が、世界中に広まっている。キッカケは、9月9日に北朝鮮建国73周年を記念して行われた軍事パレードだ。ひな壇に立った金正恩氏は、以前と比べ明らかにヤセていた。別人のようにスリムになった体型が、「影武者説」の根拠になっている。

朝鮮半島情勢に詳しい、『デイリーNKジャパン』編集長・高英起氏が語る。

「閲兵式の画像を見る限り、たしかに金氏はかなりスリムになりました。激ヤセには、さまざまな理由がささやかれています。新型コロナウイルスのワクチン副反応が激しく体調を崩し体重が減った、ダイエットに成功した……。要因はなんであれ、10kgから20kgほどヤセたのは間違いないでしょう」

高氏は、金正恩氏が別人に見える理由は激ヤセしたからだけでないと考える。

「ヘアスタイルも変わりました。金氏は15年ごろまでは『黒電話』と揶揄されるような、頭頂部が盛り上がった髪型だった。当時は30歳前後と若く血気盛んで、公開処刑も頻繁に行われていました。前のめりな意識が、ヘアスタイルにも現れていた印象です。16年以降に採用したのは、両サイドを極端に刈り上げる『覇気ヘア』と呼ばれるスタイル。金氏としては、強い意志で経済を立て直そうとしていた時期です。

しかし今回は、頭頂部もサイドの髪もバランス良く整えられています。落ち着いた印象を受けました。『黒電話』のような奇抜なイメージはない。今年は、金氏が指導者になって10年目の節目です。年齢も30代後半になりました。より重厚で、落ち着いたリーダー像を打ち出そうとしているのかもしれません」

北朝鮮最大のタブー

12年4月に正式に指導者になった直後。映像をキャプチャーした画像なので顔のシワまで読みとれないが耳の形は現在と同じ

体重が減りヘアスタイルが激変と、印象が大きく変わった金氏。閲兵式にいたのは、はたして本人なのか影武者なのかーー。高氏の検証だ。

「結論から言うと、本人で間違いないでしょう。私は金氏が10年10月に公の場に登場して以降、ほぼすべての写真や動画に目を通してきました。体型や髪型が変わっても、顔の特徴は以前と同じです。

例えば、閲兵式と昔の写真を見比べると後方に広がった耳の形が一緒(以下、関連画像参照)。また右眉の上に、今回も深いキズのようなシワがあるのが確認できます。これらを根拠にして、12年4月に正式に指導者になって以降、表舞台に現れた金氏はすべて同一人物であることがわかるんです」

「影武者説」が浮上したのは、今回が初めてではない。昨年も話題となっている。

「金氏は昨年4月、心血管の手術を受けたといわれます。実際、しばらく動静がわからなくなっていた。そのため、『手術が失敗し金氏が亡くなった』という誤報となって世界中に拡散されました。しかし翌月、金氏は公の場に現れ生きていることが判明した。それでも『死亡説』に乗った一部のメディアは、誤りを認めず『影武者説』を流したんです」(高氏)

そもそも北朝鮮では、影武者を使うことが不可能だという。

「金氏は唯一絶対の尊厳です。その崇高な人物をマネることは、北朝鮮であってはならないこと。最大の禁断事なんですよ。金氏は、病気などで静養が必要な場合、ムリをしてまで表に出ない。代わりの人間を使い、周囲の目を騙すことなどありえません。

もし影武者をたてたとしたら、激ヤセしたりヘアスタイルを変える必要がありますか? 本物に似せるため、極力イメージを同じにするでしょう。また技術の発達した現代で、影武者を使うことなど不可能です。AIを駆使した解析で、スグに偽物だとバレますよ」(同前)

独裁国家で、最高指導者のマネをすることは許されないーー。北朝鮮で「偽物」は絶対的タブーなのだ。

13年7月。右眉の上に深いシワがある
16年12月の画像
18年6月
19年12月
  • 写真ロイター/アフロ KNS/KCNA/AFP/アフロ

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事