泥酔運転で交通事故…韓国人気女優が号泣謝罪で大炎上のワケ | FRIDAYデジタル

泥酔運転で交通事故…韓国人気女優が号泣謝罪で大炎上のワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
飲酒運転で事故を起こしたリジ。バッシングがやまない(画像:Lea Jae-Won/アフロ)

「ファンを失望させてしまい、本当に申し訳ございません。文章で発表しようとも思いましたが、できなさそうだったので……」

女性は、こう言って言葉につまり号泣した。9月14日に自身のインスタグラムのライブ放送で謝ったのは、韓国のアイドルグループ『AFTER  SCHOOL』の元メンバー・リジ(29、パク・スヨン)だ。『青春不敗』や『マイ・ラブリー・ブラザーズ』など、多くのドラマに出演する人気女優でもある。

リジが「もう人生は終わった」と吐露し、謝罪に追い込まれたトラブルとは――。

ドン!

今年5月、夜10時過ぎ。ソウル市内の高級住宅街に、大きな衝撃音が響いた。リジが運転する車が、前を走行するタクシーに突っ込んだのだ。リジの車に同乗者はおらず、タクシーにも客は乗っていない。通報を受けた警官がかけつけると、スグに通常の事故とは違う異変に気づいた。

「直近まで酒を飲んでいたのか、リジはベロンベロンに酔っていたんです。まともに会話も成り立ちません。血中アルコール濃度を調べると0.08%を超えていた。すぐに免許取り消しになるレベルですよ」(韓国紙記者)

問題視されたコメント

ソウル江南(カンナム)警察署は、道路交通法違反(飲酒運転)容疑でリジを立件。ソウル中央地検は、6月に在宅起訴する決定をくだした。

「リジは警察の取り調べに対し、素直に容疑を認めたそうです。タクシー運転手がケガをしていたこともわかり、危険運転致傷罪にも問われています。所属事務所は『弁明の余地のない誤った行動で、絶対にあってはならい事故。責任を感じます』と謝罪。リジは芸能活動を休止し、謹慎状態でした」(同前)

冒頭のライブ放送に戻ろう。リジは「私が間違っていました」と謝罪。涙をボロボロ流し、たびたび言葉をつまらせた。だが……次の言葉がキッカケで大炎上してしまう。

「運転手さんは大きなケガではありませんでしたが、記事が出て……」

この言葉に対して、ネット上には批判コメントがあふれた。

「運転手のケガが大したことなければ許されるのか」

「ケガのレベルは問題ではない」

「大した事故ではないのに報道されたと、まるで被害者のようなコメント」

リジが非難の的になったのは、彼女のコメントだけが理由ではない。

「2年ほど前、出演したドラマに関連したインタビューで次のように語っていたんです。『一緒にお酒を飲んでいた人が車を運転しそうになったら、運転代行を呼びなさいと注意する』『飲酒車両を見ると腹が立つ。2次被害を防ぐためにもスグに通報します』『大切な人生を投げ出すような行為をするのも情けないし、事故を起こし他人に被害を与えることもイヤです』。当時の言葉は、ウソだったのかと批判されたんです。

ライブ配信したタイミングも、憶測を呼んでいます。飲酒事故の公判が始まるのは9月27日から。直前に謝罪することで、裁判での印象を良くしようという計算があるのではと考えられています」(在韓ライター)

謝罪動画を配信したことで、逆に窮地に立たされたリジ。意図に反して、印象は悪くなっているようだ。

  • 写真Lea Jae-Won/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事