同期・村上は史上最速100号…日ハム清宮「来季がラスト」の意味 | FRIDAYデジタル

同期・村上は史上最速100号…日ハム清宮「来季がラスト」の意味

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2軍では本塁打を量産するも打率2割前後と安定感に欠ける清宮。今季は1軍に上がれない可能性も(画像:共同通信社)

「ここ数試合、意識していたかもしれません。打つことができ嬉しいです」

こうコメントしたヤクルト村上宗隆(21)には、若くして主砲の風格がただよっている。9月19日の広島戦で100号本塁打を記録。21歳7ヵ月での到達は、清原和博氏(西武)の21歳9ヵ月を更新する史上最速のペースだ。

巨人の岡本和真と本塁打王争いを演じ、今や村上は球界を代表するスラッガーに成長した。だが村上は、17年のドラフト外れ1位。ヤクルトが最初に指名したのは、別の選手だったーー。

「日本ハムの清宮幸太郎(22)ですよ。高校(早稲田実業)通算111本塁打を記録し『和製ベーブルース』と呼ばれた清宮は、高校生として史上最多となる7球団が指名。ドラフトの目玉だったんです。日ハムが当たりクジを引いた直後の会見で、本人も『あらゆる人に目指され目標とされる選手になりたい』と自信をのぞかせていました」(スポーツ紙担当記者)

「目標とされる選手」どころか、今季の清宮は1軍出場すらない。かたや不動の4番、かたやファームで低迷する大器……。入団4年目で、同期の二人には大きな差がついてしまった。

「清宮は2軍で、リーグトップの19本のホームランを放っています(成績は9月26日現在)。しかし打率は2割前後と、安定感に欠けるんです。19本塁打といっても、101試合に出場しての成績。1年目のファームでは半分以下の45試合で17本塁打を打っているので、ホームラン率は下がっているんですよ。

3年連続で30本前後の本塁打を放っている村上を、『清宮世代』の一人と呼ぶのは失礼でしょう。清宮を『村上世代』と言ったほうが、現状に合っていると思います」(同前)

「眼中にもない」

巨人に移籍した元日ハムの主砲・中田翔も、たびたび清宮に発奮をうながしてきた。昨シーズン終了後には、こう酷評している。

「今年に関しては相手にならないというか、眼中にもないっていう感じでした」

いくらファームで本塁打を打っても安定感がなければ、1軍に呼んでもらえない。本人も当然、危機感をつのらせているだろう。バットを短く持ち打席に入るなど、打率向上への努力もみられる。

「ただ、どこかのんびりした雰囲気がただよっているんです。おおらかというか、育ちの良さが出ているというか……。昨年までは、ミスをしてもニコニコしている場面がよく見られました。結果が出ていなかったとはいえ、1軍での出場機会があったため、まだ気持ちに余裕があるのでしょう。

チームの体質にも課題があると思います。首脳陣は、それほど手厳しく叱責することはない。栗山英樹監督も過去に、ミスした清宮を擁護するような発言をしています。『幸太郎の涙を何回も見た。壊れちゃうんじゃないかと、心配になるほどの追い詰められ方をしているように見えた』と。優しさは、清宮には逆効果だと思います。おっとりした性格を考えると、ビシビシと容赦なく怒るぐらいの指導者が必要ではないでしょうか」(球団関係者)

だが、来季はのんびりしていられない。今季10年目を迎えた栗山監督が退任の見通し。次期指導者は、OBで侍ジャパンの監督を務めた稲葉篤紀氏が最有力とみられているのだ。稲葉氏はヤクルト時代、故・野村克也監督の薫陶を受けた。彼自身も厳しい指導で知られる。

「中田がいなくなり、清宮には1軍の中軸を担ってもらわなければ困ります。2軍でくすぶっているようでは、話にならない。稲葉さんが監督になれば、来年1年は清宮の様子を見るでしょう。ガマンして1軍で使うかもしれません。

しかし結果が出なければ、稲葉さんなら厳しい判断をすると思います。同じ環境に置いていても仕方ない。日ハムでは戦力にならないと考え、他球団へ放出する可能性があるんです。その意味で、清宮にとっては『来季がラストチャンス』だと言えるでしょう」(同前)

同期が大活躍し、就任が予想されるのは厳しい指導者ーー。清宮は来季、背水のシーズンを迎えることになりそうだ。

  • 写真共同通信社

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事