上戸彩 女優本格再始動の背中を押した「長女のスゴイ言葉」 | FRIDAYデジタル

上戸彩 女優本格再始動の背中を押した「長女のスゴイ言葉」

芸能ワイド特集 実り豊かな「それぞれの秋」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

その日、東京駅前に建つビルに、撮影機材が積まれた車両や、秋の装(よそお)いで統一された70名ものエキストラが集結。入り口はカラーコーンで封鎖され、エスカレーターが止められる物々しい雰囲気のなか、上戸彩(36)のまわりだけは、温(あたた)かな空気に包まれていた。

厳戒態勢で行われたロケだったが、上戸は終始ゴキゲン。17時前には撮影を終わらせ、2児の母は家路に就いた

エスカレーターの横でキョロキョロしている上戸のもとにスーツ姿の『Kis-My-Ft2』玉森裕太(31)が駆けてくる、というシーンを撮影しているようで、カットがかかるたびに上戸はマスクを素早く装着。エスカレーターの下に設置されたモニターの前に移動して玉森やスタッフたちとチェックするのだが、上戸は実に楽しそうだったのである。

「家庭が最優先で少しでも子供の傍(そば)にいたい、というのが上戸のスタンス。『半沢直樹』も、撮影は週1〜2日で夕方はNGなど条件付きで引き受けたといいます。’19年には第2子となる長男が誕生。しばらく仕事をセーブする日々が続くと思われましたが――今回の映画撮影に加え、来年1月スタートの連ドラ出演が内定しているとの報道もありました。

何が上戸を女優業に向かわせたのか。それはほかならぬ子供の一言でした。本人がインタビュー等で明かしていますが、6歳の長女に『ママ、もっとお仕事をして』と背中を押されたのです。『ママが家にいなくていいの?』と聞いたら『いいよ』と即答されたそうです(笑)」(制作会社幹部)

笑顔で再始動した裏には、ちょっと複雑だけど嬉しい長女の成長があったのだ。

本誌未掲載カット 上戸彩 女優再始動の背中を押した「長女の言葉」
本誌未掲載カット 上戸彩 女優再始動の背中を押した「長女の言葉」

FRIDAY202110月15日号より

  • PHOTO近藤裕介

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事