来年は大河ドラマも!「我が家」坪倉が街角で見せた“俳優顔” | FRIDAYデジタル

来年は大河ドラマも!「我が家」坪倉が街角で見せた“俳優顔”

目撃!ハリコミ24 <汐留 15時30分>

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ドラマ、映画などで欠かせない”バイプレーヤー”となった「我が家」坪倉。また爆笑コントを見せてくれる日は来るのか…

坪倉由幸といえば、お笑いトリオ『我が家』のリーダーであり大ボケ担当。だが、ここ数年は、名バイプレイヤーと紹介したほうが聞こえはいいのかもしれない。

「‘17年あたりからピンでの活動が多くなった坪倉さんですが、‘18年に出演した『アンナチュラル』と『下町ロケット』(ともにTBS系)で俳優としての存在感を発揮。それ以降、『あなたの番です』(日本テレビ系)や『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)といった話題作への出演が続きました。

少しクセのある中年男性を演じたときの存在感はピカイチで、特に表情や醸し出す雰囲気は坪倉さんならでは。貴重なバイプレイヤーの一人だと思います」(ドラマ制作関係者)

そんな坪倉を見かけたのは、6月下旬のこと。新橋(港区)のビル前に停車したロケバスから坪倉だけが降りてきたのだ。

『我が家』の他のメンバーの姿はない。ということは、これもドラマのロケ帰りだろうか。渋い表情のまま日テレ社屋に入っていくダンディな姿からは“お笑い芸人”坪倉の姿は全く想像できない。

来年は、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演が決まっており、すでに坪倉の撮影も始まっているという。しかし、本人は芸人としての顔も忘れてはいないようで、

「第7世代の若手芸人の台頭に坪倉はとても刺激を受けていて、俳優業はあくまで『我が家』のコントや活動のため…という意識は強いようです」(芸能プロ関係者)

そろそろ、俳優として成功した“芸人”坪倉の大ボケも見てみたい気がするが…。

  • PHOTO足立 百合

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事