数年前から常習か…児童5人死傷した「危険飲酒運転」呆れた全貌 | FRIDAYデジタル

数年前から常習か…児童5人死傷した「危険飲酒運転」呆れた全貌

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今年6月に送検された梅沢被告。仕事中、日常的に飲酒していた疑いがある

「4~5年前から仕事中に会っている時、被告に酒の臭いがするようになった」

「昨年夏、被告の勤務先に電話して『酒の臭いがするが大丈夫か』と警告した」

検察官が調書を読み上げると、法廷からは驚きの声が上がった――。

10月6日、千葉地裁で児童5人が大型トラックにはねられ死傷した事件の初公判が行われた。自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)に問われたのは、元運転手の梅沢洋被告(60)。梅沢被告は今年6月28日の午後、東京都内で資材を積み下ろし、千葉県八街(やちまた)市内の職場へ戻る途中に事故を起こした。小学生5人の列に突っ込み、2人が死亡。3人が意識不明の重体になるなど、大ケガをしたのだ。

「熊沢被告は白髪まじりの短髪で、黒っぽいジャケットを着て入廷しました。比較的落ち着いているように見えましたね。罪状認否では『(間違いは)ないと思います』と、ハッキリした口調で答えていた。検察官が起訴状を読み上げると、うつむいてジッと聞いていました」(傍聴した全国紙記者)

パーキングエリアで焼酎を……

冒頭陳述で明らかになったのは、事故当日の呆れた全貌だ。

仕事を終えた梅沢被告は、帰社途中に千葉県市川市内のコンビニに寄る。購入したのは、アルコール度数20度の焼酎220ミリリットル。梅沢被告は京葉道路下り線の「幕張パーキングエリア」に入ると、昼食をとりつつ焼酎をすべて飲み切った……。

「起訴状によると、梅沢被告が『幕張パーキングエリア』にいたのは30分ほど。酒を飲んだ後に運転を再開しましたが、トラックは左右に大きく揺れ、方向指示器を点滅しながら走行していたそうです。

事故現場の120mほど手前では、酒の影響で仮眠状態に。時速約56kmで斜め前方向に進み、道路わきの畑に脱輪しながら電柱に衝突。その間に、前方から歩いてきた小学生たちを次々にはね飛ばしました」(全国紙社会部記者)

検察によると、梅沢被告は実況見分の際、事故現場の約200m前の地点で「ここからの記憶がありません」と話していたという。

「事故直後、梅沢被告は警察の取り調べに対し『人が飛び出してきたのでよけた』と話していました。しかし防犯カメラには、トラック前に出てきた人や動物は映っていなかったとか。梅沢被告は、たびたび勤務先から飲酒を注意されましたが、聞き流し危険運転を続けていたそうです。検察は『(梅沢被告が)酒を飲んで寝てしまったのを見たことがある』との、同僚の証言も紹介しています」(同前)

公判後、被害児童の遺族らは弁護士を通じて「(裁判が)始まったばかりなので成り行きを見守っていきたい」とのコメントを発表した。次回は11月15日に、証人尋問と被告人質問が行われる予定だ。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事