ポルノ新藤晴一を直撃!妻・長谷川京子との別居と「パパ活疑惑」 | FRIDAYデジタル

ポルノ新藤晴一を直撃!妻・長谷川京子との別居と「パパ活疑惑」

出会い系アプリを通じて知り合った女性に「セクシーな下着に高いヒール」を着用してとお願い

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
直撃されると「うわぁ~」と一瞬うろたえたが、記者の問いかけには終始丁寧に対応した 

「彼と知り合ったのは、『paters(ペイターズ)』という出会い系アプリです。マッチングしてすぐに食事に誘われて……会ってみたら『ポルノグラフィティ』の晴一さんだったのでビックリしました」

’08年10月に結婚した女優・長谷川京子(43)との別居が明らかになった人気ロックバンド『ポルノグラフィティ』の新藤晴一(47)。妻が家を出てしまい、新藤はさぞや傷心の日々を送っていると思いきや、どうやら彼は、独身に戻ったかのような自由な時間を過ごしていたようだ。

冒頭のように語るのは、都内でOLとして働くA子さん(20代)である。なんと新藤は、彼女に”パパ活”を持ち掛けたというのだ。A子さんが言う。

「新藤さんが登録していたアプリは、男性側は月額料金が1万円以上と高額なうえ、所得証明書の提出を求められます。女性側は”パパ活”目的で使う人が多いんです」  

アプリ内でのプロフィール画面。一時期は、さらに課金してプレミアム会員にもなっていた新藤。自己紹介文には、この似顔絵は自身で書いたものだと書かれていた

4月下旬、恵比寿駅前に新藤はジャージに白いTシャツというラフな服装で現れた。「ジム帰りですみません」と詫びると、焼き肉屋へ彼女をエスコートした。

「新藤さんはずっと『専務が~』とか会社の人間関係について語っていて、アプリに書いた嘘のプロフィール通りに会社役員のフリをしてました。音楽の話題をふったら強引に話題を切り替えられたのを覚えています。

その日は、食事だけで解散。その後も、新藤さんからメッセージが来てたんですが、お会いしてから1ヵ月が経った頃、突然『A子さんも、場合によっては大人のスキンシップをすることがあるの?』って連絡が来ました。

”パパ活”の誘いだと思って、謝礼やタクシー代の有無などを相談をしようと『条件は何ですか?』と訊くと、『セクシーな下着に、高いヒールをはいてもらうことかな?』と勘違いをしていました(笑)。パパ活アプリ自体使うのに慣れてなかったんじゃないですかね」

 

それ以来A子さんと新藤が会うことはなかったが、メッセージのやり取りは続いた。そんな中で7月、A子さんはとうとうこう切り出したという。

「『ポルノグラフィティの新藤さんですよね?』と聞いたら、『ぜひ内密に。健全な好奇心に、御慈悲を』とだけ。それ以来連絡は取っていません」

出会い系アプリでのやりとり。新藤は不安げな様子で、自分は若い女の子にモテるかどうか何度も聞いてきたという

別居の理由には、新藤の女グセの悪さもあると報じられているが、今回の”パパ活”も影響しているのだろうか。

新藤を直撃した。

――奥様との別居報道が出ていますね。

「僕はそれ話せないんですよね」

――新藤さんが”パパ活”をしているとの話があるのですが。

「ないですねぇ……はい」

――これが、パパ活アプリのプロフィール画面の写真なんですけども、ご自身ですよね?(アプリの画面を見せる)

「はい、そうです。でも、これネットに出したことありますから」

――好きな女性の服装がセクシーな下着にハイヒールとおっしゃっていますが。

「(笑)。ん~ちょっと、なんて答えていいかわからないし、”パパ活”はないですね」

妻がいながらも、恋の火遊びをやめられないのはある意味ロッカーらしいというべきか……。

今年9月、買い物を終え颯爽とスーパーを後にする長谷川。この時すでに家を離れ、ひとり暮らしをしていた

 

『FRIDAY』2021年10月22・29日号より

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事