波瑠 上野の駅前デッキで撮影中に放った「圧倒的オーラ」 | FRIDAYデジタル

波瑠 上野の駅前デッキで撮影中に放った「圧倒的オーラ」

上野 18時10分

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
上野駅前のデッキで、仲間と集まって立ち話をするシーン。会社帰りの人たちも興味深く眺めていた(撮影:近藤裕介)

9月下旬のとある夕方。上野駅前(台東区)のデッキでは、仕事を終え、家路を急ぐサラリーマンたちが足を止め、驚いたように一点を見つめていた。その視線の先にいたのは、ショートカットの女性。女優の波瑠(はる)(30)だ。

何かの撮影だったのだろう。スタッフとともにやってきた波瑠は、用意された椅子に座ることも、スタッフと雑談することもなく、静かに撮影が始まるのを待っていた。開始前の精神統一なのだろうか。胸に手を当て、空を仰ぐ様子も見られた。

辺りが暗くなり始めた夕方6時過ぎ、ようやく撮影が始まった。波瑠は女性3名、男性1名とともに、カメラの前に立ち、輪になって何かを相談するシーンを撮っていた。

「波瑠は孤高の人で、現場でも共演者とワイワイすることはありません。だから、キツイ性格だと思われがちなのですが、実際は人見知りなだけです」(芸能プロ関係者)

彼女の凛とした佇(たたず)まいは、カメラの前だけではないのだ。

本誌未掲載カット 波瑠 ドラマ撮影中の波瑠を上野で発見
本誌未掲載カット 波瑠 ドラマ撮影中の波瑠を上野で発見

 

『FRIDAY』2021年10月22・29日号より

  • 撮影近藤裕介

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事