片瀬那奈 芸能界に人脈豊富でもなぜ「引き取り手」がないのか | FRIDAYデジタル

片瀬那奈 芸能界に人脈豊富でもなぜ「引き取り手」がないのか

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
親友・沢尻エリカ(左)と「夜遊び」していた片瀬那奈

9月30日にデビュー以来所属していた芸能事務所『研音』退社した女優の片瀬那奈(39)。今年7月、同棲していたIT企業社長がコカインを所持した麻薬取締法違反容疑で逮捕された際に、陰性だったものの尿検査を受けていたことが報じられ、退社によってさらなる〝疑惑の目〟を世間から向けられることになってしまった。

ところが、一部夕刊紙によると、今月11日に東京地裁で片瀬の交際男性の初公判が行われたが、男性は「片瀬とは違法薬物を使っていない」と証言。「あくまで、浮気相手と使った」と説明したという。

後は、フリーで活動する意向だという片瀬だが、芸能界でのキャリアは20年以上。そのため、交友関係も広く、移籍先の事務所が見つからなかったのが不思議なくらいだという。

「片瀬が沢尻の次に仲が良いのは内山理名(39)でしょう。デビュー間もない2000年に雑誌の対談で二人は知り合い、ともに中学は軟式テニス部、高校はダンス部という共通点があったことで意気投合。

さらに二人とも辛い食べものが好きで頻繁に食事に出かける仲になったと聞いています。片瀬が退社前に出演した7月21日放送のバラエティ番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ)では内山と一緒に占ってもらったほど。内山は所属する事務所の功労者なので、口添えがあれば移籍できた可能性もあったでしょう」(民放ワイドショースタッフ)

2013年に一部で交際を報じられた、俳優の溝端淳平(32)とは、良好な関係だったようだ。

「ドラマ『35歳の高校生』(日本テレビ)の共演がきっかけで親しくなったとか。溝端は年上の片瀬にあれこれ相談に乗ってもらっていたようですね。友人関係はずっと継続していた。溝端も所属事務所では古参なので、片瀬が真剣に相談すれば力になってくれたかもしれない」(ファッション業界関係者)

アネゴ肌でサバサバした性格として知られている片瀬は、大御所俳優からも気に入られていたという。

元所属事務所では俳優の唐沢寿明さん(58)が重鎮だが、唐沢さんの主演ドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日)などで共演しています。片瀬は若い頃からよく食事を奢ってもらっていたようです。もし、今回、片瀬が“濡れ衣”を着せられるようなことがあったのなら、唐沢さんがなんとかしてくれたと思うのですが……。

そして、今年3月いっぱいで卒業した『シューイチ』(日本テレビ)でともにMCをつとめていた中山秀征さん(54)もいます。約10年に渡ってコンビを組み、片瀬は中山さんを慕っていた。沢尻が逮捕された際に片瀬が泣きながらコメントした時も中山さんは優しく慰めていた。

だが、片瀬の卒業後、一部で『自宅で夜通しパーティーをしてスタジオ入り』と報じられた記事を見て、さすがに落胆していたようだ。何も落ち度がなければ、中山さん事務所も移籍先の候補だったはず」(日テレ関係者)

結局、“グレーな人脈〟に近寄りすぎてしまったことにより、長年かけて築き上げた大切な芸能界の人脈を失ってしまった、ということなのかもしれない。

  • PHOTO西圭介

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事