30年来の不倫&結婚の末に…夫婦が行き着いた「悲しい結末」 | FRIDAYデジタル

30年来の不倫&結婚の末に…夫婦が行き着いた「悲しい結末」

ノンフィクション作家・石井光太が日本社会の深層に迫る!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
不倫関係の末に結婚した夫婦が……。最後は悲しい結末となった(写真はイメージです。画像:吉澤菜穂/アフロ)

東京都葛飾区で心中事件を起こし、一命をとりとめた64歳の男性の言葉である。

「生活保護を受けて暮らしていました。けど、収入が足りず、以前から妻ともめていました。そんなさなかに、生活保護の住宅扶助が5000円ほど切られることになったんです。どうしようもない、生きていてもしょうがないって思って、妻を殺して自分も死のうとしてしまいました」

20年度に起きた心中事件は、全国で46件、101人。NHKの調べでは、その半数近くが、コロナ禍の影響で自殺者が急増した10月~12月の3ヵ月間に集中していたという。

コロナ禍によって、日本の格差がますます開いている今、経済困窮によって人はどのように心中へと追いつめられるのか。実際に起きた事例から考えてみたい。

33年前の出会い

吉岡浩人(仮名、以下人物名は同。事件当時64歳)が妻の小枝(同62歳)と結婚したのは、12年のことだった。当時二人は60歳前後。事件が起こる3年ほど前である。

二人の結婚が遅かったのには、複雑な事情があった。最初の出会いは33年前の82年。浩人は31歳で既婚、小枝も29歳の既婚で二人の子供がいた。浩人はカタブツを絵に描いたような人間だったが、小枝は自由奔放な性格でアルコール依存だった。浩人は自分とは正反対の小枝にほれたのだろう。

出会って間もなく、二人はW不倫の関係になり、駆け落ち同然で家を出る。当時、小枝が家に残した末の娘がまだ生後9ヵ月だったことが、どれだけ衝動的な行動だったかを物語っている。

二人は結婚しようとするものの、浩人の妻が離婚に応じず籍を入れられなかった。浩人はそんな申し訳なさがあったのだろう、小枝を甘やかした。

もともと放埓な性格だったこともあって、小枝はショッピングや飲食を重ねた。足りない分は、多額の借金をしていた。それでも浩人は小枝をとがめることをしなかった。

そんな関係が10年ほどつづいた後、小枝は突然行方をくらましてしまう。男をつくって青森へ行ってしまったのだ。浩人に愛想をつかしたのだろう。

その後、ようやく浩人の妻が離婚に応じたが、すでに小枝とは連絡もとれなくなっていた。 

それから約20年の歳月が過ぎた。この間、浩人は独身のまま、妻から請求された慰謝料と小枝の残した借金を支払いつづけた。これが不倫の代償だった。

一方、小枝は青森で男と別れた後は不摂生が祟り、体を壊し、精神疾患を患った。東京に残してきた家族に連絡を取って支援を求めるものの断られ、生活保護を受けて生きていくようになる。

「何度も無言電話が」

彼女の孤独を物語るエピソードがある。駆け落ち当時、9ヵ月だった娘は児童養護施設で育てられた。彼女が10代のある日、突如として青森にいるはずの小枝から連絡があり、会おうといわれたという。

待ち合わせ場所のファミリーレストランに行くと、小枝は別れた夫の悪口ばかり言いつづけた。娘は不信感だけが募っていったという。

娘の言葉である。

「その日以降、何度も無言電話がかかってきました。一度思わず『お母さんなの?』と言ったら、電話の向こうから『うん』っていう声が聞こえてきました。それで電話は切れてしまいました」

生活保護を受けながらの闘病生活の中で、寂しさに耐えかね、かつて捨てた娘に無言電話をくり返していたのだろう。彼女もまたどん底にいた。

09年、葛飾区で浩人も生活保護を受けながら、駐輪場の管理人のアルバイトをして細々と暮らしていた。

そんな彼のもとに一本の電話がかかってくる。小枝からだった。

「浩人さん? 私、小枝……久しぶりだね。会わない?」

小枝は寂しさのあまり浩人に連絡をしたのだ。

浩人はずっと小枝に未練を抱いていたことから、電話の声を聞いて暗い人生に光が射したようだった。

「会いましょう!」

20年ぶりに浩人は小枝に会った。顔は昔のままだったが、健康はかなり悪くなっていた。その時の印象を浩人は公判で述べる。

「彼女はとても生活が苦しそうで、糖尿病や精神病の薬をたくさん飲んでいました。あれだけ好きだったお酒も飲めなくなっていました。私はそんな彼女を見て、面倒を見てあげたいと思いました。僕も生保を受けてましたが、働けるくらいの体力はあったし、20年前は結婚できなかったので、今度はちゃんと入籍してあげたいという気持ちもありました。それに、夫婦になれば、彼女も健康になるんじゃないかとも思ったんです」

浩人にしても、小枝にしても、ここでやり直すことが二人の人生の最終章に花を添えることになると思ったのだろう。

こうして1210月、二人は晴れて再婚する。

亀有駅から徒歩数分の1DKのアパートが二人の新居だったが、生活は生活保護と駐輪場のアルバイトで成り立っていた。収入の内訳は次の通りだ。

アルバイト代 10万円前後

生活保護 810万円

合計 約1820万円

厳密にいえば、生活扶助が119200円で、これに住宅扶助(69800円)が加わった額が生活保護費の全額(189000円)なのだが、アルバイトの収入があるため、その差額分が差し引かれて右記のようになる。60代の夫婦が細々と生活していくぶんにはやっていけるはずだし、浩人もそう計算していただろう。

浩人もまた次のように述べている。

「彼女は必要な人、一緒に生活をしていく中でうまくやっていける相手でした。仕事から帰ると家にごはんがあって『おかえりー、一杯飲む?』と声をかけてもらえる。そういう時はありがたいなぁと思いました。結婚生活は楽しかったことが多いです。家で二人でテレビを見て食事をする。毎日のことが楽しかったです」

だが、彼女の浪費癖は治るどころか、より悪化していた。生活費をわたせば、毎日食べられないほどの量の野菜や肉を買ってきて冷蔵庫を一杯にして多くを腐らせてしまう。連日のようにカラオケに行く。一チケット数千円もする大衆演劇に頻繁に通う……

浩人は何度も気を付けるよう注意したものの、小枝は聞く耳を持たないどころか、精神疾患によって躁と鬱をくり返し、時には大量の睡眠薬を飲んで道で倒れて救急車で運ばれる状態だった――。

【後編】では、浩人と小枝の暗転する生活と、苦悩の末に選んだ「悲しい結末」について詳述します。

【後編】不倫を乗り越え結婚…60代夫婦が無理心中した「悲惨な理由」

  • 取材・文石井光太

    77年、東京都生まれ。ノンフィクション作家。日本大学芸術学部卒業。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている。著書に『「鬼畜」の家ーーわが子を殺す親たち』『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』『レンタルチャイルド』『近親殺人』『格差と分断の社会地図』などがある。

  • 写真吉澤菜穂/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事