シャラポワ ピンクのミニTシャツで「お腹チラ見せ」ファン絶賛 | FRIDAYデジタル

シャラポワ ピンクのミニTシャツで「お腹チラ見せ」ファン絶賛

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自身のインスタを更新したシャラポワ。引退してもバツグンのスタイルは変わらない(画像:BackBrid/アフロ)

雲ひとつない晴天の下、ラケットを持った長身の女性が微笑んでいる。ピンクのミニTシャツからは、お腹がチラリ。20年2月に引退を表明した、元「テニス界の女王」マリア・シャラポワ(34、ロシア)だーー。

妖精シャラポワが、10月17日に自身のインスタグラムを更新した。掲載したのは、身体にフィットしたTシャツを着てテニスコートに立つ写真。右手にはピンクに縁取りされたラケット、左手にはテニスボールを持っている。さすが元世界チャンピオンの圧倒的存在感に、世界中のファンから絶賛のコメントが寄せられた。

「我らの妖精は永遠だ」

「お腹がキュート過ぎる!」

「マリアにはテニスコートが似合う」

婚約者は英国王室と深いつながり

おそらく撮影場所は、婚約者と暮らす自宅の近くだろう。シャラポワの表情からは、幸せぶりが伝わってくる。

シャラポワのパートナーは、実業家で大富豪のアレクサンダー・ギルケス氏(42)です。昨年12月に婚約を発表しました。ギルケス氏は単なる富豪ではありません。英国皇室とのつながりが深い。

母校は英国一の名門校イートン・カレッジで、同校を卒業したウイリアム王子やヘンリー王子の友人です。両王子の結婚式にも出席しています。11年に共同設立し143億円以上の売り上げを記録した、オンライン・オークションハウス『Paddle8』では、ユージェニー王女が働いていました」(スポーツ紙記者)

シャラポワは、パートナーのギルケス氏とともに今後ビジネス界で活躍しそうだ。ギルケス氏は、新たに「Squared Circles」という会社を共同設立。相談役には、シャラポワの名前もあるのだ。

「シャラポワは現役時代から、ビジネスの才能を開花させていました。ティファニー、ナイキ、ポルシェなど世界の名だたる企業と契約。12年には、スイーツブランド『シュガポワ』を創設し、年商は21億円を超えていたんです」(同前)

引退しても、世界中から注目される「ロシアの妖精」。公私に充実した生活を送っているようだ。

  • 写真BackBrid/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事