杏 仏移住のウラに東出昌大不倫よりショックだった実母との決別 | FRIDAYデジタル

杏 仏移住のウラに東出昌大不倫よりショックだった実母との決別

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
現在、5歳になる双子の女の子と4歳の男の子を女手一つで育てている杏。フランス移住への思いを明かしているが……

10月14日、フランス大使館で行われた『フランス映画祭2021 横浜』に出席した女優の杏。記者から、

「フランスに住みたいですか?」

という問いかけに対し、

「はい、そうですね」

と答えるなど、“フランス愛”を爆発させていた。

「彼女は過去にもテレビ番組で、フランスに移住したいという思いを明かしていました。オンラインでフランス語会話のレッスンにも参加していることも話しており、本気度が伺えましたね」(スポーツ紙記者)

杏といえば、昨年1月に夫の東出昌大が唐田えりかとの不倫が報じられ、その後離婚。5歳になる双子の女の子と4歳の男の子は彼女が“女手一つ”で育てている。

その東出は、10月上旬に20代のハーフ美女をロケ先に呼び寄せ、広島県内のホテルでの“お泊り愛”が「週刊文春」に報じられた。

「コロナ禍ということと、未発表の作品の撮影現場に恋人を同行していたことに、事務所幹部は激怒している。東出の脇の甘さに、今まで何かと目にかけてきた映画関係者なども、あきれているようですね」(ワイドショー関係者)

不倫騒動でCMなどが契約解除になり、違約金は2億円とも言われている。一部は事務所が肩代わりしているといも言われているが、“金欠状態”なのか、子どもたちへの養育費がひと月1万円という報道もあり、非難を浴びたこともあった。

だが、杏が“フランス移住”に思いを馳せるのは、元夫の“女癖の悪さ”や“金欠”だけではないようだ。それ以上に、彼女に暗い影を落としてきた“骨肉の争い”があるのだ。

「東出さんの不倫騒動のために大きく報じられませんでしたが、ほぼ同時期に実母から12億円を要求されるという、ドロ沼の裁判沙汰に発展していました。彼女は節税目的のために個人事務所を設立しており、社長に実母を据え、杏は従業員として給料が支払われる関係でした。

ですが、次第に杏さんの給料が少なくなっていき、不審に思って調べると、実母が心酔する霊能者に多額のコンサルタント料が支払われていたことが判明したのです。杏さんは個人事務所から“独立”という形で離れ、それを不満に思う実母が、今後20年間、事務所に支払われるであろう利益12億円を求めて杏さんを訴えていたのです」(女性誌記者)

杏と実母の関係といえば、まさに“一卵性親子”と言われるほど、仲が良かった。父である渡辺謙との離婚裁判でも、最終的には母側に付いている。

また、実母が作った借金は当時数億円とも言われていたが、それを杏が高校中退し、モデル活動しながら返済していったのは有名な話だ。

「母と娘は支え合って生きてきただけに、この裁判は相当、堪えたようです。3年間続いた裁判は和解という形で決着しましたが、とはいえ杏さんのダメージとしては、東出さんの不倫以上に大きかったでしょうね。

彼女がフランス移住を熱望する大きな理由の一つは、母子の関係も影響しているのでは。もし、母親との関係が昔のように良好であったのなら日本から飛び出ようなんて、考えもしなかったと思いますよ」(芸能プロ関係者)

夫や実母にまで“裏切られた”杏。3人の幼子を抱え、母として強く生きていく姿をこれからも見守っていきたい――。

  • PHOTO足立百合

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事