警察も警戒…眞子さま&小室圭さん「結婚当日」も反対行進デモか | FRIDAYデジタル

警察も警戒…眞子さま&小室圭さん「結婚当日」も反対行進デモか

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
10月26日に小室圭さんとご結婚される眞子さま

いよいよ当日に迫ってきた眞子さまと小室圭さんのご結婚。10月26日に眞子さまは皇籍離脱となり小室圭さんと入籍される。そして都内のホテルで“小室眞子さん”として2ショットで会見を行う。

だが、お二人にとっては懸念材料も。「皇室系ユーチューバー」の京氏は、

《10月26日に行進デモを計画しています。ただし、タイトルは #KK破談一択 ではなく、#皇室利用の調査と情報公開(仮)小室家に対する疑惑の追求と秋篠宮様に全容の説明をお願いするデモです。最低参加者50名で開催しようと思います。》(KKは“小室圭”の略)

と、デモを計画していることを明らかにしている。当日は警察や公安が超厳戒態勢で出動すると見られ、一部で混迷を極める可能性がある。

これまでのデモは雨天中止としてきたことがあったが、雨予報となる26日でも

《この日だけは、雨の日でも開催しようかと…今、本当に悩んでいます…》

とツイッターで明かし本気度をのぞかせた。

「いくら小室家に様々な疑惑があろうとお二人のご結婚はもう決まったこと。当人らも早く会見をしてすべてを終わらせアメリカで静かに暮らしたいとお考えだと思います。

静かにことを終わらせたいのは宮内庁も同じ考えでしょう。眞子さまとの結婚で前代未聞の事態が続いていて、日々対応に追われている。眞子さまが渡米するまでが一区切りでしょう」(皇室ジャーナリスト)

すべてが静かに進むことを願う人が大半だろうが、ご結婚後もまだ懸念が残っている。それはデモの内容を見てもわかるが、小室さんに向けられていた不満が、ご結婚によって秋篠宮家に向けられてきていることだ。

「なぜ報じられた疑惑が十分には解消されていないような状況で、小室家に眞子さまを嫁がせることを許したのか。国民が納得していない中で、皇室の儀式など取りやめてでも進められたのか。そのことに疑問を持っている人が多いということです」(全国紙記者)

たしかに小室さんだけを見ると、アメリカに渡り3年で弁護士資格を取得予定で就職も決まった。論文コンクールでは優勝するなど、非常に優秀な人材だろう。

バッシングに晒されながらもここまで淡々とやるべきことをこなし結果も残している。残念ながら小室さんの優秀さに勝てる人はそうはいないだろう。

しかし、やはり母である小室佳代さんの遺族年金の不正受給疑惑や傷病手当の不正受給疑惑などがまだ完全にはクリアになっていない段階で、なぜ結婚を急がせたのかと疑問を持つ国民は多い。

「一般の家庭でも相手の家庭にそんな疑惑があるなら、ご両親は結婚を反対するかもしれない。婚約前に小室さんや家族の身体検査を進んでやろうとしなかった結果でもあります。いくら“儀式なし”などのケジメをつけても納得していない国民はいる。そのため、不信感は高まるばかり。これでは佳子さまや悠仁さまが不憫でなりませんね」(ワイドショー関係者)

宮内庁は眞子さまのご結婚後は、この問題の沈静化を図っているという。また平穏が戻ることを誰もが願っているはずなのだが…。

  • 写真つのだよしお/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事