元交際女性が暴露…韓国人気俳優「中絶強要のためのウソ」の中身 | FRIDAYデジタル

元交際女性が暴露…韓国人気俳優「中絶強要のためのウソ」の中身

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
元交際相手から中絶強要などを暴露された有名俳優K。多くの出演番組を降板した(画像:共同通信社)

〈人気俳優Kの厚かましい実体を告発します〉

このようなタイトルで10月17日にネット上で掲載された書き込みが、韓国芸能界を大騒動に巻き込んでいる。

投稿主は、「人気俳優K」の元交際相手だという女性Aさんだ。告発によるとAさんとKは、20年初めごろから付き合い始めた。だがAさんはKからヒドい仕打ちを受け、現在でも精神的、身体的トラウマに悩まされる日々を送っているという。告発文は辛辣だ。

〈(Kは)ファンから優しいと思われているが、一抹の良心も罪悪感もない人間だった〉

何があったのだろうか。告発文によると、ウソをついてAさんを懐柔し、お腹にできた赤ちゃんを堕ろさせたとか……。Aさんは、こうつづっている。

〈(Kは)子どもを産んだら、(スポンサーなどへ違約金として)9億ウォン(約9000万円)の損害賠償をしなければならないと言った。子どものせいで演技ができなくなり、路頭に迷ったらどうするんだとも。しかし、違約金なんて払う必要がないことがわかった。彼はウソをついて、私に中絶を強要した〉

元芸能記者が明かした「K」の実名

Aさんが中絶すると、Kの態度は激変したという。

〈以前は『2年後には結婚しよう』『一緒に暮らそう』と言っていたが、子どもを堕ろすと態度がガラリと変わった。常にイライラし、感情の起伏が激しくなった。『交際のせいで所属事務所が大変な思いをしている』『どうして(妊娠しないよう)気をつけなかったんだ』と怒り、(スマートフォンなどにある)2ショット写真を削除するうよう要求した。

私との関係を、なかったことにしようとした。結局、ウソをついて中絶を強要しながらKから謝罪の言葉はなく、一方的に別れを告げられた〉

Aさんによると、Kは中絶のための手術費用200万ウォン(約20万円)を渡し関係を終わらせたという。

直後に、騒動をさらに大きくする事態が起きる。告発文が出た翌18日、元芸能記者のユーチューバーが、Aさんと交際していた俳優Kは「キム・ソンホ(35)だ」と断定したのだ。キムは『スタートアップ:夢の扉』『海街チャチャチャ』など多数のドラマや映画に出演し、「2017 MBC演技大賞男性新人賞」をはじめ多くの受賞歴のある韓国のトップ俳優の一人。爽やかな笑顔が特徴で、女性ファンも多い。

大スターのスキャンダル発覚で、またたく間に韓国芸能界は大騒動に。テレビ局や映画会社には、「不謹慎なキム・ソンホを降板させろ」という視聴者からのクレームが殺到した。

「20日になってキムは、事実関係を認め所属事務所を通じ謝罪します。『私はその方(Aさん)と良い感情を持って交際していました。しかし私の不覚と思慮に欠けた言動で、その方を深く傷つけてしまった。私を信じてくれた全ての方々を失望させ、本当に申し訳ございません』と。

スキャンダルの代償は、大きかったですね。レギュラーだったバラエティ番組や、来年3月から撮影が始まる予定だった映画など、すべての出演作品を降板。イメージキャラクターとして10社以上の広告に起用されていましたが、キムの関連写真や動画を削除する企業が相次いでいます」(韓国紙記者)

10月20日、Aさんは告発文に書き込みを追加する。〈彼(キム)から謝罪があった。お互いに誤解した部分があったようだ〉とし、これ以上の暴露はしないと明言。自身の無自覚な言動で、しばらくキムは反省の日々を過ごすことになる。

  • 写真共同通信社

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事