吉岡里帆「清楚すぎる白のノースリーブ姿」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

吉岡里帆「清楚すぎる白のノースリーブ姿」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
装飾品のイベントに出席した際の吉岡里帆(AFLO)

女優の吉岡里帆の白のノースリーブ姿が可愛すぎると話題だ。都内で行われた「関西演劇祭2021」の実行委員長発表会に出席したときの衣装で、「とってもいい感じ」「最高に可愛い」「癒されます」といった称賛のコメントが殺到した。

関西演劇祭はクリエイターや俳優などの新たな才能を関西から発信することを目的とし、2019年から毎年開かれているイベント。今年で3回目だ。

「80〜90年代に日本中を席巻した関西小劇団ブームは、現在のエンターテインメント界を引っ張る数多くのクリエイターや役者たちを世に送り出しました。そんな彼らに続く新たな才能を、再び西から発信しようと立ち上がったのが『関西演劇祭』。第三回となる今年も、有名無名を問わず実力勝負で選ばれた10劇団が、『芝居たろか!』とばかり情熱あふれる舞台を披露します。」(演劇祭公式ホームページより)

そんな中で、実行委員長に就任した京都府出身の吉岡は以下のようなコメントを発表している。

「私にとって関西の小劇場は、俳優の仕事を始めたきっかけであり、東京に出るよう背中を押してくれた存在です。最近では私が関西にいた当時と比べ劇場が減っていると耳にすることもあり、そういう意味でも劇団が公演を打てる場として、また演劇というものをたくさんの人に知ってもらうための場として関西演劇祭が開催されることは、素晴らしいことだなと思います。

そして、実行委員長としてこのお祭りに参加させていただけること、本当に光栄に思っています。自由で、強烈な個性に出会えることをとても楽しみにしています!」

そんな、吉岡は実行委員長発表会に白をベースとして黒の草の模様が入ったノースリーブのトップス姿で登場。白と緑のロングスカートをはいており、その可愛すぎる格好にファンからはため息がこぼれた。そして「肩書きだけ聞くと荷が重いが、新しい魅力を発信していったり、まずは演劇を心から楽しみたい」と述べた。

吉岡からますます目が離せなくなった……!

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事