石原さとみ「大胆すぎる肩出しピンクドレス姿」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

石原さとみ「大胆すぎる肩出しピンクドレス姿」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ファッション誌のイベントに出席した際の石原さとみ(AFLO)

女優の石原さとみの「大胆すぎる肩だしピンクドレス姿」が話題を呼んでいる。美容雑誌「MAQUIA」の表紙を飾った際の写真だ。

同誌は「石原さとみ 私を強くする『美容のチカラ』」という記事を掲載。髪を切ってショートにした石原の写真を大きく使っている。

写真の石原はグッチのピンクドレスとシューズを着用している。手にあごをのせてアンニュイにカメラを見つめるショットや、手で口を覆い笑っているのを隠しているようなショット、ソファに座ってゴージャスなドレスを披露しているショットなど、石原の魅力が満載の内容になっている。トレードマークのプルンプルンの唇がとっても印象的で可愛らしい。

記事内のインタビューでは石原がメイクへの向き合い方を語っている。

「役をつくるとき、衣装合わせと同時にメイク打ち合わせもするんです。私は基本的に自分でメイクするので、夜な夜なコスメをバーッと広げて”こういうイメージの子だからこの色を使おうかな”と考えています」

「雑誌やドラマを見て”こういう女性になりたいな”とか”こんな性格になりたいな”って感じることがあれば、その人のメイクをそのまま真似してみる」

「私の場合、マスカラを塗ると完全によそ行きの自分になるんです(笑)。逆にマスカラやピューラーをしていない時はリラックスモード」

と、石原の金言で溢れている。全おとな女子必読の内容になっている。ほかにもスーツ姿の石原の写真もあり、ファンにとってはたまらない記事だ。

そんな石原は10月29日から公開の映画『そして、バトンは渡された』に出演している。瀬尾まいこの同名小説を原作としたこの映画で、石原は、夫を何度も変えて自由奔放に生きる「梨花」役をつとめる。

「梨花は大胆不敵で謎の多いキャラクターですので、難しい役だなと思いながら脚本を読みました。優しくて温かくてでも切なくて愛が溢れていて原作と同じ読後感がありました」

と石原は公式HPでコメントしている。そんな石原からますます目が離せない……!

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事