10戦未勝利…勝てない田中将大に「メジャーが高評価」の理由 | FRIDAYデジタル

10戦未勝利…勝てない田中将大に「メジャーが高評価」の理由

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
10月25日のオリックス戦でも勝ち星をあげられずベンチで悔しそうな表情を浮かべる田中(画像:共同通信社)

また勝てなかった。

1025日のオリックス戦に先発した楽天・田中将大(32)は、8回2失点ながら負け投手に。これで8月20日の日本ハム戦から、10戦連続の未勝利となった。今シーズンは4勝9敗、防御率3.01の成績。メジャーから8年ぶりに日本球界へ復帰し、優勝請負人と言われ期待が大きかっただけに、残念な結果だろう。試合後、本人も悔しそうなコメントを残している。

「(優勝を逃し)チームが3位になったのは、自分の責任が大きいと思う。迷惑をかけました」

冒頭のオリックス戦で登場曲に選んだのは、ファンキーモンキーベイビーズの「あとひとつ」。日本一となった13年の日本シリーズで流していた曲だ。最終登板にかける意気込みが感じられたが、白星には結びつかなかった。

「今シーズンの田中は、開幕前から不調でした。3月の練習中に、右ヒラメ筋(ふくらはぎ奥の筋肉)を故障。右脚はメジャー在籍時から何度かケガしていますから、回復は思うようにいかなかったようです。

そのため、踏み込みがたりずストレートが走らなかった。直球で抑えられないため、多投する変化球を打者に狙われていました。打ち取るためにより変化を大きくしようと、暴投も多くなっていたんです」(スポーツ紙担当記者)

勝ち星ではわからない実力

田中は楽天と年俸9億円(推定)の2年契約を結んでいるが、途中でメジャーにチャレンジできる「オプトアウト権」があるという。本人も「やり残したことがある」と発言し、オフに再びメジャー挑戦するともいわれる。だが……

「今季の成績では厳しいでしょう。優勝したならともかく、チームは3位に終わりました。本人も責任を感じ、『メジャーに挑戦させてください』とは、なかなか言い出しずらし状況です」(球団関係者)

だが、意外にもメジャーの各球団は田中を高く評価しているという。

「メジャーが重視するのは勝利数ではありません。先発なら、どれだけ試合を作れるかがカギになります。今季の田中は、6回を自責点3以内に抑える『クオリティースタート』を23試合中17試合で記録。チームトップの数です。打線の援護に恵まれませんでしたが、試合をしっかり作っていたんです。

1イニングに打者を何人出塁させたかを表す『WHIP』は、1.03でした。これは最優秀防御率、最多勝、最多奪三振など投手部門のタイトルを総ナメにした、オリックスの山本由伸に次ぐリーグ2位の成績。防御率もリーグ4位です。脚を故障し万全な体調にはほど遠いにもかかわらず、これだけの結果を残す。メジャースカウトの間では、『さすがタナカ』という声が上がっているんです」(日本在住メジャースカウト)

勝ち星の数だけではわからない、田中の実力。クライマックスシリーズで、圧巻の投球を見せられるだろうか。

  • 写真共同通信社

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事