広瀬すず「ノースリーブトップスでバンザイ姿」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

広瀬すず「ノースリーブトップスでバンザイ姿」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
化粧品会社のイベントに出席した際の広瀬すず(AFLO)

女優の広瀬すずの「ノースリーブトップスで万歳姿」が可愛すぎると大きな話題を呼んでいる。広瀬の2022年カレンダーに収録された写真で、「凄く楽しみ」「予約します」「ずーっとみてられる」といったコメントが殺到していた。

広瀬は1998年静岡県生まれで、2012年にモデルとしてデビューし、翌年に女優として活動を始めた。映画『海街diary』で第39回日本アカデミー賞、新人俳優賞し、三度目の殺人』で第41回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞に輝いた。連続テレビ小説『なつぞら』では主演を務め、デビューから10年で日本を代表する名女優へと変貌を遂げた。

この度話題となった写真は、雨の日に撮影したものとみられる。ライトブルーの袖のないトップスを着た広瀬が、両手で傘を持ち、万歳のポースをしている。少しだけ髪が濡れているようで、大人な魅力をかもしだしている。笑顔ではなく、すました顔でカメラを見つめている広瀬がどれも印象的だ。

さて、来年のカレンダーの撮影を担当したのは俳優の永山瑛太だ。永山は自身のインスタグラムアカウントでこんな投稿をしている。

「広瀬すずさんのカレンダー、撮影、プランナーとしてやらせて頂きました。とても良い作品が出来て大満足です。広瀬すずさんの魅力がてんこ盛りで溢れて入りきりません。是非是非。#広瀬すず 様様」

広瀬と永山は2018年のドラマ「anone」(日テレ系)で共演していた。今回のカレンダーについては、広瀬の強い希望で永山にオファーしたという。永山の多才さに関しても、ネットで話題となった。

そんな広瀬だが、現在上映中の映画『いのちの停車場』にも出演している。訪問看護師の星野麻世役で、吉永小百合との共演が話題となっている。また2022年全国ロードショーの『流浪の月」への出演も決まった。李相日が監督・脚本で、松坂桃李と横浜流星も登場する。情熱大陸の出演も決まり、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

進化し続ける国民的女優の広瀬。そんな彼女からますます目が離せなくなった……!

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事